質問【記事番号:5587】

2017年12月21日

保育士になりたい。

 保育士となる資格要件を満たした上で、都道府県の保育士登録簿に登録することで、保育士として(=保育士の名称を使用して)働くことができます。

1.保育士となる資格要件
 保育士となる資格要件には、次の2つがあります。

(1)児童福祉法に規定する「指定保育士養成施設」を卒業すること
  なお、徳島県内には、次の養成施設があります。
     ・四国大学生活科学部児童学科保育学コース
     ・四国大学短期大学部幼児教育保育科
     ・徳島文理大学人間生活学部児童学科
     ・徳島文理大学短期大学部保育科
     ・国立大学法人鳴門教育大学学校教育学部学校教育教員養成課程幼児教育専修

     ・専門学校穴吹福祉医療カレッジこども保育学科

     ・徳島健祥会福祉専門学校保育学科

(2)都道府県が行う「保育士試験」に合格すること
  保育士試験は年2回、次のような日程で実施しています。

    (前期実施分)
     ・受験申請期間:1月~2月初旬
     ・筆記試験:4月下旬
     ・実技試験:7月上旬

 

    (後期実施分)

     ・受験申請期間:7月初旬~同月下旬

     ・筆記試験:10月下旬

     ・実技試験:12月中旬

     ※前期実施分の実技試験の不合格者(欠席者)の受験申請期間は,9月上旬までとなります。

 なお、保育士試験の受験を希望する場合には、必ず「保育士試験受験の手引き」(受験申請書)を「保育士試験事務センター」へ請求していただく必要があります。
 請求方法は、「保育士試験事務センター」のホームページ、又は徳島県庁・各総合県民局・市町村保育所担当課等で配布しているチラシに記載されています。チラシは前期実施の申請開始と合わせ配布されます。


2.保育士登録簿への登録
 保育士として働くためには、業務に就く前に保育士登録をしておく必要があります。
 まず、登録申請に必要な「保育士登録の手引き」を取り寄せていただき、「手引き」の内容に沿って、手続きを行ってください。
 手引きの入手方法は、
  a.保育士登録委託機関「登録事務処理センター」へ請求、
  b.徳島県次世代育成・青少年課保育支援担当、又はお住まいの市町村保育所担当課での配布
   (ただし、市町村によっては、「手引き」が在庫切れの場合があります。)
 のいずれかとなります。
 登録事務処理センターへ請求する際には、あなたの住所、氏名を記入し、返信用切手(140円)を貼った角型2号(A4用紙が折らずに入るサイズ)の返信用封筒を、「登録事務処理センター」あて郵送してください。センターあて封筒の左はしには、赤字で「保育士登録の手引き○部請求」と明記してください。
  
 なお、登録手続が完了し、お手元に保育士証が届くまでには、3か月程度かかります。

 保育士登録に関することは、「登録事務処理センター」へお問い合わせください。
 
1(2)保育士試験に関することについてのお問い合せ先
  保育士試験事務センター
  〒171-8536東京都豊島区高田3-19-10
  TEL 0120-4194-82(平日のみ。午前10時から午後6時まで。※IP電話からはつながりません)
  URL: http://www.hoyokyo.or.jp/exam/

2.保育士登録に関することについてのお問い合せ先
   登録事務処理センター
   〒102-0083東京都千代田区麹町1-6-2アーバンネット麹町ビル6階
   TEL 03-3262-1080(平日午前9時から午後5時00分まで) 

関連情報

保育士の登録について(登録事務処理センターのホームページ)
   http://www.hoikushi.jp/

お問合せ先

県民環境部次世代育成・青少年課 保育支援担当
徳島市万代町1丁目1番地
電話: 088-621-2201 ファクシミリ: 088-621-2843
E-Mail:jisedaiikuseiseisyounenka@pref.tokushima.jp