質問【記事番号:2031】

2017年12月27日

徳島小松島港沖洲ふ頭整備事業の概要や完成の見通しについて知りたい

 徳島市東沖洲にあるマリンピア沖洲において、東京・北九州とを結ぶフェリーなど大型船舶が係留できる水深8.5m耐震強化岸壁の整備とふ頭用地の造成を行っています(岸壁、ふ頭用地併せて約2haを埋立 )。
 平成21年度より事業に着手し、平成27年度には耐震強化岸壁、平成28年度にはふ頭用地が完成し、輸送能力を増強した新造船フェリー4隻が就航しています。

 現在、より安全な船舶の係留を可能とするため、国直轄事業において防波堤延伸を進めており、平成31年度の完成を目指しています。

関連情報

お問合せ先

ふ頭用地の造成に関すること
県土整備部運輸政策課整備担当
徳島市万代町1-1
電話: 088-621-2675 ファクシミリ: 088-621-2874
E-Mail:unyuseisakuka@pref.tokushima.jp

水深8.5m耐震強化岸壁の整備に関すること
防波堤延伸に関すること
国土交通省四国地方整備局小松島港湾・空港整備事務所
小松島市小松島町字新港9-3
電話: 0885-32-3356 ファクシミリ: 0885-35-0010