質問【記事番号:2407】

2017年12月17日

発達障がいについて知りたい。

 発達障がいについては,「発達障害者支援法」において「自閉症,アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害,学習障害,注意欠陥多動性障害その他これに類する脳機能の障害であってその症状が通常低年齢において発現するものとして政令で定めるものをいう。」と定義されています。代表的な障がいとして,「学習障がい(LD)」「注意欠陥多動性障がい(ADHD)」「自閉症」が挙げられます。
 これらにつきましては次のとおりです。
 「学習障がい」とは,基本的に知的発達の遅れがないのに,話を聞く,話す,文字を読む,書く,計算する,推論するなどの特定のことが極端に苦手で,習得するのが著しく困難な状態をいいます。
 「注意欠陥多動性障がい」とは,その子どもの年齢や発達に比べて,注意力の持続が難しい,多動的である,衝動的に行動してしまう,などによって,家庭生活や学校生活,社会生活に支障をきたしてしまう状態をいいます。
 「自閉症」とは,3才くらいまでに現れ,(1)他人との社会的関係を築くのが難しい,(2)コミュニケーションの発達が遅れている,(3)特定のものへの関心やこだわり,などを特徴とした障がいです。「自閉症」のうち,知的発達の遅れを伴わない場合を「高機能自閉症」と呼んでいます。
 これらの障がいはいずれも,中枢神経系の何らかの要因による機能不全が原因と推定されており,環境的な要因が直接の原因となるものではないと考えられています。

関連情報

(1)徳島県発達障がい者総合支援センター ハナミズキ
http://www.pref.tokushima.jp/hattatsu/hanamizuki/

(2)発達障害情報・支援センター
http://www.rehab.go.jp/ddis/

お問合せ先

教育委員会 特別支援教育課 小中・高校担当
徳島市万代町1丁目1
電話: 088-621-3140 ファクシミリ: 088-621-2882
E-Mail:tokubetsushienkyouikuka@pref.tokushima.jp