質問【記事番号:6545】

2017年12月13日

旧吉野川浄化センターの処理水の消毒方法は

旧吉野川浄化センターでは、周辺海域の環境に配慮し、紫外線による消毒方式を採用しました。
これは、紫外線、なかでも253.7nm(ナノ メーター)の波長を持つ光が細菌やウィルス等のDNAを破壊する効果を持つことから、この波長の光を持つ紫外線ランプを処理水に照射し、雑菌等の消毒を行うものです。

関連情報

旧吉野川浄化センター(アクアきらら月見ヶ丘)について
https://www.pref.tokushima.lg.jp/ippannokata/kendozukuri/suido/2011040700056

お問合せ先

県土整備部 水・環境課 経営企画・浄化槽担当
徳島市万代町1-1
電話: 088-621-2742 ファクシミリ: 088-621-2896
E-Mail:mizukankyouka@pref.tokushima.jp