質問【記事番号:3632】

2017年12月5日

<軽油引取税>暫定税率とは何ですか。

 軽油引取税の暫定税率とは、本則税率(地方税法で1キロリットルにつき15,000円と規定されています。)とは別に、期間を設けて上乗せされた税率(地方税法附則で1キロリットルにつき32,100円と規定されています。)のことです。
 平成22年度税制改正により、10年間の暫定税率は廃止されましたが、現在、原油価格や石油製品価格が安定的に推移していること、地球温暖化対策との関係に留意する必要があること等から、当分の間、これまでの税率水準(1キロリットルにつき32,100円)が維持されることになりました。
 ただし、国民の生活を守るため、原油価格の異常な高騰が続いた場合には、本則税率を上回る部分の課税を停止する法的措置(いわゆる「トリガー条項」)が講じられています。具体的には、総務省統計局より公表されるガソリンの小売価格が、連続3か月にわたり1リットルにつき160円を超えることとなった場合は、財務大臣の告示がされた月の翌月初日から本則税率を上回る部分の課税(1キロリットルにつき17,100円)が停止され、1キロリットルにつき15,000円になります。その後、総務省統計局より公表されるガソリンの小売価格が、連続3か月にわたり1リットルにつき130円を下回ることとなった場合は、財務大臣の告示がされた月の翌月初日から課税停止が解除され、1キロリットルにつき32,100円の税率が適用されます。
※ 「トリガー条項」については、東日本大震災の復旧及び復興の状況等を勘案し別に法律で定める日までの間、その適用を停止することとされています。

関連情報

税務課ホームページ「平成29年度 地方税のしおり」
https://www.pref.tokushima.lg.jp/file/attachment/188435.pdf

お問合せ先

管轄区域:徳島市、鳴門市、小松島市、勝浦郡、名東郡、名西郡、板野郡
東部県税局(徳島庁舎)間接税担当
徳島市新蔵町1丁目67
電話: 088-626-8861 ファクシミリ: 088-626-8730
E-Mail:toubu_kz_t@pref.tokushima.jp

管轄区域:吉野川市、阿波市
東部県税局(吉野川庁舎)課税担当
吉野川市川島町宮島736-1
電話:0883-26-3922 ファクシミリ:0883-26-3990
E-Mail:toubu_kz_y@pref.tokushima.jp

管轄区域:阿南市、那賀郡、海部郡
南部総合県民局経営企画部(阿南庁舎)県税担当
阿南市富岡町あ王谷46
電話:0884-24-4122 ファクシミリ:0884-24-4301
E-Mail:nanbu_k_a@pref.tokushima.jp

管轄区域:美馬市、三好市、美馬郡、三好郡
西部総合県民局企画振興部(美馬庁舎)県税担当
美馬市脇町大字猪尻字建神社下南73
電話:0883-53-2021 ファクシミリ:0883-53-2081
E-Mail:seibu_k_mm@pref.tokushima.jp