質問【記事番号:3882】

2017年12月26日

過疎地域に首都圏の企業を誘致していると聞いたのですが?(とくしまサテライトオフィスプロジェクトとは?)

サテライトオフィスとは、本社から離れた場所でも同じような仕事ができるような環境が整ったオフィスのことです。

 

徳島県では、豊かな自然環境と全国屈指の「光ブロードバンド環境」を最大限に活かした

「とくしまサテライトオフィスプロジェクト」を進めており、

ICT企業を中心に、首都圏の企業が本県にサテライトオフィスを開設しています。

 

平成24年3月からプロジェクトの本格展開を進め、現在では、神山町や美波町、三好市をはじめとする11市町村に

ICT企業や映像関連企業、デザイン会社など、56社が進出しています。(平成29年12月現在)

 

進出企業においては、即戦力となる技術者等の人材確保につながるとともに、魅力あふれる環境の中で創造性の高い仕事に取り組めるなど高い評価をいただいています。

 

社員の皆さんも、充実した仕事と趣味を両立させる豊かな暮らしを送る一方で

「地元小中学校への出前授業」や「放課後電子工作教室」などに取り組むなど、ICTなどの知識を活かして地域に貢献いただくとともに、

地域の行事やお祭りなどにも参画し、地元の皆さんとの結びつきを深めています。

 

少子高齢化や人口減少が急速に進む過疎地域において、

「サテライトオフィス」は、若者をはじめとする雇用の拡大、地域の活性化、さらには新しい働き方の提案につながっており、

県としましても、地元市町村や団体、進出企業等と連携を図りながら、更なる展開に向けて取り組んで参ります。

 

関連情報

とくしまサテライトオフィスプロモーションサイト
http://www.tokushima-workingstyles.com/home.html

お問合せ先

政策創造部地方創生局地方創生推進課地方創生担当
名西郡神山町下分字地野49-1
電話: 050-8802-3288 ファクシミリ: 050-8802-3289
E-Mail:chihousouseisuishinka@pref.tokushima.jp