質問【記事番号:6479】

2017年12月18日

燃料電池自動車とは何ですか。

「燃料電池」は、名前に「電池」とありますが、「発電装置」と言った方がふさわしく、水素(H2)と酸素(O2)を化学反応させて電気を生み出すものです。

 

また、水の電気分解は、水に外部から電気を流して水素と酸素に分解しますが、燃料電池は、逆の原理で水素と酸素を化学反応させて電気を作ります。

 

「燃料電池自動車」は、水素ステーションから車載タンクに充填された水素と、空気中の酸素の化学反応によって発生する電気を使ってモーターを駆動させる自動車です。走行時には地球温暖化の原因となるCO2や大気汚染物質を出さず、 排出するのは水だけという未来のクリーンカーです。

関連情報

お問合せ先

県民環境部環境首都課自然エネルギー推進担当水素グリッド推進担当
徳島市万代町1-1
電話: 088-621-2260 ファクシミリ: 088-621-2845
E-Mail:kankyousyutoka@pref.tokushima.jp