質問【記事番号:6485】

2017年12月18日

県庁に設置している水素ステーションはどのようなものですか。

県庁前に設置している水素ステーションは、太陽光発電の電力で水を電気分解し、水素を製造する「自然エネルギー由来・水素ステーション」です。

 

また、未来を担う子どもたちをはじめ、県民の皆様方が身近に水素エネルギーに触れることができる「普及啓発の拠点」とするため、当水素ステーションを核に一帯を「水素社会啓発・体験ゾーン」とし、あおぞら水素教室をはじめ、水素に関連する様々な催しを開催します。

 

なお、当水素ステーションは社会実装段階であり、1日あたりの水素製造量が限られている上、計量法に準拠した流量計を装備していないなど商用として定義されていないため、原則、水素の充填は県公用車を対象としています。

 

徳島県自然エネルギー水素ステーション 

     徳島県自然エネルギー水素ステーション

関連情報

お問合せ先

県民環境部環境首都課自然エネルギー推進担当水素グリッド推進担当
徳島市万代町1-1
電話: 088-621-2260 ファクシミリ: 088-621-2845
E-Mail:kankyousyutoka@pref.tokushima.jp