質問【記事番号:6553】

2017年12月25日

徳島県の政策評価(行政評価)について知りたい

1 政策評価とは

 徳島県では「政策評価」と表現していますが、「行政評価」と呼ばれる場合もあります。
 通常「政策評価(行政評価)」とは、「政策、施策及び事務事業について、事前、事中、事後を問わず、一定の基準、指標をもって、妥当性、達成度や成果を判定するもの」と位置付けられています。
 

 徳島県では徳島ならではの施策や事業を効果的・効率的に実施するため、外部の有識者による「県政運営評価戦略会議」を平成23年度から設置し、毎年度評価を行っています。

 

 

2 県政運営評価戦略会議とは 

  

 【設置目的】

  政策推進に係る「県民意見の積極的な反映」と「県民目線からのチェック機能の強化」を図り、「徳島ならでは」の「新たな事業評価システム」を創造するため、県政運営評価戦略会議を設置します。

 

 【所掌事務】

  県政運営評価戦略会議は、次に掲げる事務を所掌します。

 (1)「新未来『創造』とくしま行動計画」の施策や事業について評価を行い、その結果について県総合計画審議会に提言すること。

 (2)「vs東京『とくしま回帰』総合戦略」の施策や事業について評価を行い、その結果について地方創生“挙県一致”協議会に提言すること。

 (3)県民から県政に対する意見や提言を幅広く募るために設置された「とくしま目安箱」に寄せられた意見や、知事対話等で出された建設的な県民意見のなかから、優れた意見を採択し、県総合計画審議会に提言すること。

 (4)その他必要な事項について評価や提言を行うこと。 

 

 

※平成22年度以前の政策評価については、総合政策課調整担当にお問い合わせください。

お問合せ先

監察局評価検査課 県政評価担当
徳島市万代町1丁目1番地
電話: 088-621-2720 ファクシミリ: 088-621-2756
E-Mail:hyoukakensaka@pref.tokushima.jp