徳島県鳥獣被害防止センター

徳島県では、イノシシ、サル、シカ、カワウ等の野生鳥獣による農林水産物への被害が発生しており、県内各地に被害が拡大しています。
   野生鳥獣により農林水産物被害の防止対策を円滑に進めるため、県では鳥獣被害対策の総合窓口として「徳島県鳥獣被害防止センター」を設置しています。
   「鳥獣被害防止防止センター」では、被害対策の基本方針の策定、情報・技術の集積、情報発信、人材育成、啓発普及等を行い、被害防止活動に対する支援を総合的に推進します。


 

徳島県鳥獣被害防止センターについて

鳥獣被害防止センター設置要綱(H29).pdf(83KB)

第3期鳥獣被害防止対策基本方針.pdf(1MB)