ニホンザル被害防止対策研修会を開催します

2014年8月6日

ニホンザル被害防止対策研修会

 

 近年、徳島県ではニホンザルによる農作物被害が増加しています。

ニホンザルはニホンジカやイノシシ対策とは異なり、捕獲だけに頼るのではなく、

適正な群れ管理により、離れザルや群れを分化させないよう対策を行うことが重要と

言われています。

 今回、ニホンザル研究の第一人者である 東洋大学経営学部教授 室山泰之氏により、

ニホンザルの生態や効果的な被害対策について、県・市町村・JA等の鳥獣対策担当者

をはじめ、農業者の方などに幅広く普及啓発を行うことを目的に研修会を開催します。

 また、県内での総合的なニホンザル対策の取り組み事例を紹介します。

 

 

1 開催日時 平成26年9月3日(水) 13:30~16:15

 

2 開催場所 徳島県庁11階 講堂

 

3 スケジュール

  13:00~      受付

  13:30~      開会

  13:40~15:30 講義・質疑応答

              「ニホンザルの生態と被害対策について」

              講師:東洋大学経営学部

                  教授 室山泰之 氏

  15:30~16:15 事例発表(2題)・質疑

 

4 参加費 無料

 

5 参加者 サルの生態や対策に興味のある方、どなたでも

 

6 備 考 本研修会は徳島県立総合大学校「まなびーあ徳島」の産業経済学部の講座です。

       受講することにより3単位取得することができます。

 

7 申し込み方法 添付の申込書に必要事項をご記入の上、

  平成26年8月22日(金)までにファクシミリで申し込んでください。

 

案内・申込書.pdf(399KB)

お問い合わせ

農林水産基盤整備局農山漁村振興課
農村・鳥獣対策担当
電話:088-621-2378
ファクシミリ:088-621-2859