徳島の水産物の紹介

2017年2月17日



 

はも写真jpg

はも


関西の夏を涼やかに飾る食材の一つです。鋭い歯を持ちどう猛な魚ですが,身は上品な甘みと旨みを持っており,湯引きをはじめ,天ぷらや照り焼きなどが有名です。徳島県は全国トップクラスのハモの産地です。

 

 

あおりいか


アオリイカは,その美味しさや姿の美しさから,「イカの王様」とも呼ばれており,徳島県では,県南部を中心に釣り,定置網漁業などで漁獲されます。最もポピュラーなのは刺身ですが,天ぷら,酢の物,炒め物,干物など,様々な調理法があります。

アオリイカ.jpg
 

 

0192.gif まだい

徳島県沿岸のマダイの旬は3〜5月です。産卵のため播磨灘にのぼってくるマダイは、刺身や皮付の「焼き切り」、そしてアラは潮汁で味わってください。大きさ30cm程度のものが最も美味しいとされています。
 

 

いぼだい(ぼうぜ)

徳島ではお馴染みの魚ですが県外ではあまり食べません。秋に沿岸に集まってきます。上品な脂肪が多く煮付けや干物に向きますが、徳島ではすだちの香りを添えた姿鮨が名物です。
122F12.gif
 

 

21CA.gif
たちうお

たちうおの旬は冬とされていますが、季節によって味が大きく変わることのない魚です。淡泊な白身の肉は塩焼き、煮付け、照り焼き、酢の物のほか、新鮮なものは刺身も美味しいもの。きらきら輝くたちうおの表面の銀箔は、化粧品の原料にもなります。
 

 

あかしたびらめ

 「したびらめのムニエル」といえばフランス料理の代表ですが、ご家庭ではあまり作られることがないでしょう。でも、大きいものなら、実は刺身でも美味しいのです。白身で淡泊な味なので、離乳食にもOKです。
324816.gif

 

 

 

413E44.gif しらす

しらすはイワシの子供です。紀伊水道でとれたしらすは、とれてすぐに釜揚げ、天日乾燥の加工がなされ、食品になります。しらす100グラムの中にはカルシウムが0.5グラムも含まれています。
 

 

あわび

 あわびの旬は夏です。あわびには大きくわけて「くろあわび」と「あかあわび」の2つがあります。「くろあわび」はやや硬く刺身などの生食むき、「あ
かあわび」は柔らかいので酒蒸し、ステーキなどの調理むきです。徳島のあわびは全て海士が1つ1つ海に潜って採ってきます。
454D4A.gif

 

471588.gif いせえび

エビの王様ともいえるいせえびは、その姿の美しさから正月、結婚式などのおめでたい時の料理にぴったり。秋から春先にかけて漁獲されます。ちょっともったいない気もしますが、ぶつ切りの味噌汁が最高です。輸入物は本当のいせえびではないので、ご用心。

 

あゆ

 天然あゆはもちろんですが、養殖あゆも捨てたものではありません。餌の工夫によって天然に近い風味をもった「天然仕上げあゆ」や、おなかにいっ
ぱい卵をもった「子持ちあゆ」はいかがでしょうか。
483C02.gif

 

501684.gif あまご

徳島のあまごは、水のきれいな上流部で養殖されて、みなさまのお手元に届きます。塩焼き・バター焼き・フライ・甘露煮、そして出来れば刺身でお召し上がりください。柚酢の香りを添えた姿鮨も絶品です。

 

わかめ

鳴門のわかめは春先に収穫され、塩蔵わかめ、カットわかめ等に加工され、みなさまの食卓に並びます。アルギン酸・多糖類・蛋白質・ミネラルが
豊富です。味噌汁、酢の物、サラダなどの料理法がありますが、工夫次第でまだまだいろんな料理が出来そうな食材です。
513878.gif

 

524D7C.gif すじあおのり

すじあおのりは、水産食品の「名脇役」といえます。吉野川で養殖されるすじあおのりは、生産量・品質ともに日本一。近年はその生産量を安定させるために、更なる養殖技術の研究を行っています。冬から春にかけ収穫され、乾燥させて出荷します。なんにでもふりかけて、その香りをお楽しみください。

 

お問い合わせ

水産振興課
企画管理担当
電話:088-621-2470
ファクシミリ:088-621-2863