アタマジラミについて

2017年2月22日
アタマジラミについて

 
 戦後の徹底した駆除により減少していましたが,近年,全国的にアタマジラミの発生が小学校低学年の児童を中心に増加しています。原因として,住居環境の変化や海外旅行の増加などが考えられます。 
 
【保護者の皆様へ】 
○戦後の一時期に蔓延したシラミのイメージから不潔と受け取られがちですが,現在の日本では不衛生で発生することはほとんどありません。正しい認識をもって子どもと接してください。 
○子どもの頭髪をまめに観察してください。 後頭部や耳の後ろをよく掻いていれば要注意です。
 
【アタマジラミとは?】 
○アタマジラミは人の頭髪のみに寄生して,頭皮から吸血します。 
○季節に関係なく発生します。 
○頭皮を咬まれるとかゆみを感じ,引っ掻くことにより化膿することもあります。 
○成虫は約3mm程度の大きさで,すばやく動きます。卵は艶のある少し透けた白色で,約0.5mm程度の大きさです。 
 
【どのようにうつるの?】  513006.gif
清潔にしていても,頭髪が接触することでうつります。また,帽子・クシ・衣類・寝具類・枕などを介してうつることもあります。 
 
【見つけ方】 
卵は簡単に見つけられます。毛髪の根本近く,とくに後頭部によく見られます。 
フケなどと見間違えられることがありますが,卵はしっかりと毛髪に産みつけられているため引っ張っても簡単には動きません。
 
【駆除方法】


【頭髪】

○クシで卵をすき取る。髪を小分けし,専用のクシでシラミや卵をすき取ってください。
○駆除薬を使う。成虫,幼虫は駆除薬(スミスリンシャンプーやパウダー)を用いれば2週間程度で駆除できます。駆除薬は用法・用量を守って使用してください。        
○毎日洗髪する。       















 


【寝具・衣類等】

○シーツや枕カバーなど直接頭に接するものは,毎日交換し,洗濯しましょう。      
○洗濯前に熱湯等で消毒しましょう。(熱湯に浸すことでアタ
マジラミの成虫・幼虫・卵は死
滅します。)           
○アイロン,天日干しも駆除効
果があります。          
 















 


【集団生活での注意点】

○帽子,クシ,ヘアーゴム,
タオルなどの貸し借りはやめ
ましょう。             
○更衣室,脱衣所,ロッカー
などはよく清掃しましょう。子どもたちが体や頭を寄せて遊ぶ場所,小学校や保育所など集団生活の場ではとくに注意が必要です!          

【部屋】

こまめに掃除機をかけましょう!殺虫剤の燻蒸等は必要ありません。                 
         

                         882AE0.gif
                       
 
駆除は家族,学校で協力して取り組んでください。
 

お問い合わせ

三好保健所
健康増進担当
電話:0883-72-1123
ファクシミリ:0883-72-6884