鉄道高架事業

2017年7月4日

鉄道高架事業

 

⇒ 徳島市内鉄道高架事業のホームページはこちら

 

佐古連立

 

◎目 的

  徳島市内の鉄道高架事業は,都市交通の円滑化や踏切事故の解消はもとより,中心市街地の活性化や魅力的なまちづくりに資するとともに,地震や火災発生時の防災活動を円滑にするなど,安全・安心面にも大きな効果があり,県都徳島市がかかえる様々な課題を解決するため,必要な事業です。


◎経 緯

  昭和45年頃   徳島市内の鉄道高架の必要性が議論されはじめた
  昭和49年度   高徳線,徳島線及び牟岐線を調査

 

<佐古駅付近:1期計画区間>

  昭和51年度   佐古駅付近が連続立体交差事業で事業採択
  昭和60年度   佐古駅付近の鉄道高架橋本体工事に着手
  平成 5年度   佐古駅を含む3.7km区間が高架線へ切替
  平成 7年度   佐古駅付近連続立体交差事業の事業完了


<徳島駅付近:2期計画区間>

  平成 7年度   徳島駅付近(2期計画)が限度額立体交差事業で事業採択
「徳島市中心市街地都市整備懇談会」を開催


<徳島駅付近と二軒屋駅付近:
                           2期計画と3期計画を併せた区間>

  平成12年度   国において連続立体交差事業採択基準の緩和見直しがなされた
  平成13年度   徳島市内鉄道高架予備調査を実施
  平成14年度   徳島駅付近から二軒屋駅付近までの連続立体交差事業調査に着手
  平成18年度   連続立体交差事業の着工準備箇所として国が新規採択

お問い合わせ

都市計画課
街路・鉄道高架担当
電話:088-621-2564