汚水処理の普及啓発活動(副読本・出前講座)について

2016年4月26日
 
 下水道や浄化槽などの汚水処理施設は、生活環境の改善や水環境の保全を図る上で、大きな役割を果たしており、本県においても、今後ますますの普及が求められています。
 県では、汚水処理の普及啓発活動の一環として、小学生等が汚水処理を通じて「水の循環」を学習していただくことを目的に、副読本「汚水のお話」を作成しています。
 このたび、平成28度版の副読本を作成しました。
 また、この副読本を活用した出前講座「汚水はどこへ?」も引き続き実施しています。
  
 
 
汚水処理副読本「汚水のお話」
 
 小学校の「総合的な学習の時間」等の中で、御利用いただくことを目的に作成しております。
   

 

  ダウンロード(両面印刷でご利用ください)

 ○「汚水はどこへ?」出前講座
  汚水処理副読本「汚水のお話」を利用した出前講座を実施しています。
 この講座は、小学生の子供達のところに直接担当職員が出向き、汚水処理の役割や仕組みなどについて、楽しくわかりやすく説明し、気軽に学び合うことができる学習機会です。
 
 (内容)
 ・汚水処理の役割について説明
 ・汚水処理の仕組みについての体験や実験
 ・汚水処理水のサンプルを利用した観察 
 ・汚水処理に関するクイズ

 なお、所要時間は、標準時間は90~95分(2校時)を想定しておりますが、ご要望により45分(1校時)でも対応可能です。

 
 
 
 
 (これまでの実績)
 ・平成20年度 24校(1,443人) 
 ・平成21年度 21校(1,115人)
 ・平成22年度 30校(1,252人)

 ・平成23年度 32校(1,514人)

   ・平成24年度 27校(1,077人)

 ・平成25年度 29校(1,226人)

 ・平成26年度 33校(1,317人)

 ・平成27年度 33校(1,683人)

 

  →H20年度 出前講座実績.pdf(42KB)

  H21年度 出前講座実績.pdf(42.0KB)

 H22年度 出前講座実績.pdf(42.7KB)

  →H23年度 出前講座実績.pdf(53KB)

 H24年度 出前講座実績.pdf(57.2KB)

  H25年度 出前講座実績.pdf(66KB)

  H26年度 出前講座実績.pdf(79KB)

 

 →平成27年度出前講座実績.pdf(78KB)

 

 

 出前講座風景.JPG      施設見学風景.jpg

  

                 (出前講座風景)                                           (施設見学風景)

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

水・環境課
経営企画・浄化槽担当
電話:088-621-2729
ファクシミリ:088-621-2896