徳島県立徳島学院のホームページ

2016年8月25日

徳 島  県 立

 

 

徳   島   学   院

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

徳島学院全景

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

児童自立支援施設

 

 

 

 


 

 

 

      徳島学院は 

 

          童福祉法にもとづき、徳島県が設置した児童福祉施設(児童自立支援施設)  

           で、学校や家庭適応が困難な18歳未満の子どもたちを受け入れ、心身の成長を

        支援するところです。

                児童の個々の状況に応じた自立支援プログラムを作成し、生活支援・学習支援・

        作業支援を柱とし、支援目標の達成を目指しています。

 

                                                             

 

 

 

◆ ◆ ◆  支  援  の 基 本 理 念  ◆ ◆ ◆

 

 

                     「児童憲章及び児童福祉法の理念に基づき、すべての児童がその適性や能力に応じて最善の利益を実現できるよう万全を期す。」

                ことを基本理念とし、児童の立ち直りへの最適な環境を提供し自立支援を行うことを目指しています。

 

                                             

◆ ◆ ◆  支  援  の 目 標  ◆ ◆ ◆

 

                 ○健康なからだ、体力を養う。

                 ○人や自然を愛する優しい心、豊かな精神を養う。

                 ○自己を見つめる態度、自がの確立を図る。

                 ○社会生活に必要な基本的な生活習慣を身につける。

                 ○善悪の判断力を養う。

                 ○根気や集中力、協調性や共感性、自己抑制力を身につける。

                 ○基本的な知識を身につける。

                 ○児童と家族との関係改善を図る。

 

    

 

 

 

               

       生活支援               家庭と同じように職員が児童と起居を共にし、人間的な結びつきを強め、信

                   頼関係を築き、児童個々の状況に応じた自立支援にあたります。

                                         和やかな雰囲気の中で規律ある生活習慣と集団生活をとおして社会性を身

                   につけ、心身共に成長していけることをねらいとしています。

                   

        

          寮舎                                        

 

 

   

 

 

  

 

   

 

  学習支援          小・中学校の分教室・分校が設置され、児童は寮舎から分教室・校に通学

                  し、義務教育を受けます

                   学習意欲の向上と基礎学力の定着を図り、進学や就職を目指しています。

 

                                  学習

 

 

   

 

        

 

 

       作業支援         園芸等の農作業や寮舎内外の環境整備等をとおして、お互いに協力し合いな

                  がら作業をしています。

                    自然を愛する心を培ったり、生産収穫の喜びや達成感を体得できることを目的

                  としています。

 

 

                             農園

 

 

 

 

 

          

 

■■ 徳島学院の重点的な取り組み  ■■

 

 

 

 

   

    施設内支援の充実      

 

 

   □ ふり返り

                    ふり返りを入所後3か月、6か月など、定期的に実施します。

                    目的は、児童がそれまでの生活をふり返り、自分自身の成長に気づき、今後の

                   生活に意欲的に取り組むための目標設定を行うことです。

                     また、寮担当職員と一緒に行うことで、認められ愛されていることを感じながら、

                             信頼関係を深めていきます。

                                          自分とじっくり向き合うことで、自分の中の課題を見つけ、自分にできる解決方法

                                        を見つけ出す「自立した考え方」を身につけるための時間です。

 

    スポーツ・文化活動    

                    児童の情操を豊かにし、健全な生活態度を養うため、スポーツ・文化活動を行っ

                                        ています。

  

                                        ○ スポーツ:野球、ソフトテニス、駅伝・マラソン、トレーニング、卓球、ソフトボール、

                           バトミントン

                   ○  文化活動:音楽・読み聞かせ

 

 

  □ 各種行事

                  

                   ○ 週間行事:児童朝会(たいそう、音楽、お話)・作業・トレーニング・部活動

                   ○ 月間行事:寮面接・内科健診・カウンセリング・院外活動(寮単位:釣り、図書館、

                            買い物など)

                   ○ 年間行事:定期身体検査・お花見・梅収穫・野球大会・テニス大会・

                            デイキャンプ・修学旅行・運動会・広塚祭(文化祭)・

                            駅伝マラソン大会・クリスマス会・餅つき大会・

                            職場体験(保育実習等)

 

 

 

 

                 花見

 

 

         

 

 

      家庭支援の充実 

           入所した児童の状況等により、家庭と協力・連携しながら、定期的に面会などを 実施します。

          目的は、家族が児童のよいところに目を向け、成長を実感したり、支援の方法を知り、児童の支

                   えになることです。家庭環境調整を行い、児童と家族の「絆」の再構築ができるよう支援していきま

          す。

          長期休業中には、生活態度が良好な者について「帰宅訓練」を行うことができます。家族の絆を

                   深め、家庭生活や地域社会での適応を目的としています。

                     支援の最終段階においては、自己の成長を確認し、出身学校へスムーズに復帰することを目的

                    とした「学校実習」を行うことがあります。

                 退所後においても、生活で悩んでいることや困っていることがあれば、電話や家庭訪問による

                   相談・激励などを行い、退所後も一定期間、児童の自立を支えます。 

 

           

 

 

         

    ●  日 課 表

      

   

    時 間            内     容


     6:45         起床

                 清掃

     7:30         朝食

     8:50         登校

                授業

   12:30         昼食

   13:40              授業(水曜:作業)

 

   15:20              部活動

 

   17:00          夕食

   18:00              自習

   19:00         入浴

                              自由時間

   21:00              生活記録記入

                              反省会

   21:30         就寝

 

 

 

 備考 : 平日の日課です。

           曜・日曜・祝日及び夏期休業日等の日課は一部

       異なります。 

 

   
   

 

 

 

      交通手段

       J R四国  : 高徳線板東駅下車、徒歩20分 (特急池谷駅下車、タクシー10分)

 

       徳島バス :徳島駅前乗車  大麻比古神社(終点)下車、徒歩10分

 

             ■ 大麻山の麓にあり、付近には大麻比古神社をはじめ、四国霊場一番札所霊山寺、二番札所極楽寺、ドイツ館、賀川豊彦記念館などの

               自然と歴史に恵まれた環境の中に位置しています。

 

   ●  学院の概要等の問い合わせ先


 

       〒779-0230

         徳島県鳴門市大麻町板東字広塚35

 

              徳島県立徳島学院  

 

               電   話  088-689-1121

              ファックス    088-689-1122

 

         

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地図

徳島県立徳島学院

お問い合わせ

徳島学院
徳島学院
電話:088-689-1121
ファクシミリ:088-689-1122