「阿波踊り体操-寝たまま編-、-ロコモ編-、-認知予防編-」について

2011年4月14日

 徳島県では、平成21年度老人保健健康増進等事業「『阿波踊り体操-リハビリ編-』を用いた高齢者の生きがいと健康づくり」において、既存の「阿波踊り体操-リハビリ編-」が高齢者の運動機能と精神機能に及ぼす治療効果を研究するとともに、新たな阿波踊り体操として「阿波踊り体操-寝たまま編-」、「阿波踊り体操-ロコモ編-」、「阿波踊り体操-認知予防編-」を制作しました。

 

01リハビリ編.wmv(3.54MB)

 「阿波踊り体操-リハビリ編-」

 

 運動機能の低下した高齢者の方でも安全に実施できる体操です。立った状態でも、椅子に座った状態でも実施できるので、転倒しやすい高齢者の方でも体操に参加できます。 

 

02寝たまま編.wmv(3.57MB)

 「阿波踊り体操-寝たまま編-」

 

 高齢者の方が、ベッド上で寝たままの状態で運動機能と精神機能を改善する目的で制作された体操です。

 ベッドや布団の上で実施が可能で、起床時には1日の活動の開始のウォーミングアップとして、また、就寝時には1日の活動のクーリングダウンとして実施できます。

 

03ロコモ編.wmv(3.58MB)

 「阿波踊り体操-ロコモ編-」

 

 運動器の機能障害のために要介護の状態やそのリスクの高い状態のことを、ロコモティブシンドローム(運動器機能低下症候群)と呼んでいます。

 ロコモ編は、関節に負担の少ない運動です。さらに下肢や腰部への負担を軽減したい場合は、椅子を使用することができます。

 

04認知予防編.wmv(3.5MB)

 「阿波踊り体操-認知予防編-」

 

 リハビリ編の下肢の体操部分を、数字カードを用いた体操に置き換えています。

 視覚と下肢との間の協調性や、大脳の活性化を図った体操です。

 

 

  ※音声が流れますのでご注意下さい。 

  ※視聴にはWindowsMediaPlayerが必要です。

 

お問い合わせ

長寿いきがい課
計画研修担当
電話:088-621-2213
ファクシミリ:088-621-2840