社会福祉施設等6団体と「災害時相互応援協定」を締結しました

2012年6月12日

 東日本大震災から得られた教訓の一つに、被災した高齢者・障害者などのいわゆる「災害時要援護者」に対する迅速かつきめ細やかな支援体制の構築の必要性がありました。

 「東海・東南海・南海」三連動地震の発生が切迫する本県においてもその重要性は同様です。

 そこで県では、大規模災害の発生に備え、施設相互による応援体制の構築に向けて、社会福祉施設等6団体との間で「災害時における相互応援協定」を締結しました。 

  

 

 1 協定の締結日

 

    平成24年6月1日

 

 2 協定団体

 

  (1)徳島県老人福祉施設協議会 
  (2)徳島県老人保健施設協議会 
  (3)日本認知症グループホーム協会徳島県支部
  (4)徳島県知的障害者福祉協会  
  (5)徳島県身体障害者療護施設協議会  
  (6)徳島県児童養護施設協議会

 

 3 協定の内容

 

  (1) 生活物資等の提供及び応援職員の派遣
  (2) 被災施設の入所(児)者の受入、又は受入施設への応援職員の派遣
  (3) 福祉避難所の事前指定への協力、又は福祉避難所への応援職員の派遣

  (4) 応援活動の指揮及び連絡調整には、県の介護福祉コーディネーターが当たる

 

記念撮影.jpg

お問い合わせ

地域福祉課
指導担当
電話:088-621-2938
ファクシミリ:088-621-2839