向精神薬を含有する違法ドラッグの発見について

2013年6月25日
 県では、違法ドラッグ※1による健康被害を未然に防止するため、県内で流通・販売されている(されるおそれのある)製品の試買調査及び成分検査を行っています。
  今般、インターネットにて販売されている製品について県立保健製薬環境センターで試験検査を行ったところ、1品目から「麻薬、麻薬原料植物、向精神薬及び麻薬向精神薬原料を指定する政令」に規定する向精神薬で
ある「ピロバレロン※2」が検出されました。
      
      違反製品概要                                                            
    製  品  名 ALADDIN XX
    性     状 植物片(1包2.9g入り)
    製造(輸入)者 不明(製品に表示がなされていない)
    販売業者名及び所在地 アイアイハーブ エガワトシオ    埼玉県蕨市錦町6-15-30
    (特定商取引に関する法律に基づく表示)
    購 入 方 法 インターネット通信販売にて購入
    検 出 成 分 1包中「ピロバレロン」を1mg検出
      
      
      違反内容
        麻薬及び向精神薬取締法第50条の16違反
      
      
       県の対応
     ・販売業者の所在地が埼玉県であるため、埼玉県庁に通報しました。
     ・今後も試買等を通じて成分検査、指導取締を行い、違反品の早期発見及び流通防止に努めます。 
      
      
         
                  < 県 民 の 皆 様 へ >

    違法ドラッグ」については、使用がやめられなくなったり、死亡例を含む健康被害や異常行動を引き起こす場合があるため、決して摂取又は使用しないでください。
     「合法ハーブ」、「お香」、「アロマ」等と称して販売されている製品であっても、身体に有害な作用を及ぼす物質が含まれているおそれが高く大変危険です。
     当該製品をお持ちの方は、直ちに使用を中止し、健康被害が疑われる場合には、速やかに医療機関を受診してください。   

         
    製品写真
           
     
       裏.png表.png中身.png      
    •  
    • ※1違法ドラッグ
       中枢神経の興奮・抑制・幻覚作用等を及ぼす可能性のある麻薬、覚醒剤等の規制されている薬物に類似する化学物質を含有し、近年「合法」と称して芳香剤・お香などとして販売されているもの。 
        ※2 ピロバレロン
         化学名:1-(4―トリル)―2―(1―ピロリジニル)―1―ペンタノン  
        プロバレロン.png
         ・中枢神経興奮作用を持つ
         ・麻薬、麻薬原料植物、向精神薬及び麻薬向精神薬原料を指定する政令第3条第56号において第3種向精神薬に規定されている 

関連ワード

お問い合わせ

薬務課
血液・麻薬担当
電話:088-621-2233