猛毒の針を持つ貝「タガヤサンミナシ貝」など、「イモガイ科」の貝にご注意下さい!

2013年10月15日

 10月14日(月)に牟岐町地先において、「タガヤサンミナシ貝」が見つかったとの報告がありました。

 

 この貝は、高知県甲浦地先で見つかった「アンボイナ貝」同様、「イモガイ科」の巻貝で、口内に猛毒を注入する毒針を持っています。

 

 イモガイの仲間は、万一刺されると、場合によっては死亡することもある大変危険な貝ですので、類似の貝には絶対に手を触れないよう、十分ご注意ください。


 詳細は添付ファイルをご覧下さい。

 

 

131015_タガヤミナシ貝注意喚起(資料提供).pdf(88KB)

 

(別紙)タガヤサンミナシ警告(20131015).pdf(161KB)

 

 

 

お問い合わせ

水産振興課
企画管理担当
電話:088-621-2471