みんなで進めよう「徳島県消費者教育推進計画」

2015年5月20日

 

 

 

■策定の背景・趣旨

 本県では、高い高齢化率や過疎化の進行及び高度情報化の進展等により、高齢者の消費者被害の増加や若年者の情報サービスに関する消費生活相談の多さが認められます。 

 

 このため、本県では、「徳島県消費者基本計画」を踏まえ、高齢者の消費者被害の防止や幼少期からの消費者教育を重点とする、ライフステージに即した体系的な消費者教育を推進するため、全ての県民が主役として取り組むべき内容を盛り込んだ「徳島県消費者教育推進計画」を策定しました。

 計画の推進には、県民の皆様の参加が不可欠です。みんなで学び、伝え合い、とくしまの消費者力を高めましょう。

 

 

■計画期間

 

 

 平成26年度~平成29年度(4年間)

 

 

■計画の主な内容

(1)就学前の消費者教育

   物の大切さや扱い方、生産者への感謝の気持ちを育むなどの教育を支援  

 

(2)学校における消費者教育

   物や金銭の計画的な使い方や情報収集・選択能力の育成、情報モラル教育など、金銭教育を通じた自制心の育成やネット関連トラブルに関する教育等を実施

 

(3)就職前後の消費者教育 

   事業者の社内研修への講師派遣など、社会人としての必要な知識や心構えの習得を支援

 

(4)地域における消費者教育

   身近で気軽に消費者相談を受けられる「相談のコンビニ化」を図るなど、地域人材を活用して相談窓口の充実・多様化を推進

 

(5)高齢者に対する消費者教育

   くらしのサポーターや民生委員等による戸別訪問など、地域における見守り体制を強化 

 

■今後の取組

 

 関係機関・団体等と地域の人材との連携を強化しながら、消費者教育を推進して参りますので

県民の皆様のご協力をお願いいたします。

 

 

■徳島県消費者教育推進計画

  
 
 

    徳島県消費者教育推進計画.pdf(3MB)

 

 

  

計画策定の検討経過 

 

年 月 日 内        容
平成25年11月5日

第1回徳島県消費生活審議会において諮問

平成25年12月3日

第1回徳島県消費生活審議会消費者教育推進部会において素案審議

平成25年12月12日

徳島県議会11月定例会県土整備委員会に素案報告(付託)

平成25年12月13日

~平成26年1月10日

パブリックコメントの実施

平成26年1月21日

第2回徳島県消費生活審議会消費者教育推進部会において答申案審議

平成26年2月26日

第2回徳島県消費生活審議会において答申案審議

平成26年2月28日

徳島県消費生活審議会会長から知事へ答申

平成26年3月4日 徳島県議会2月定例会県土整備委員会に計画案報告(付託)
平成26年3月19日 「徳島県消費者教育推進計画」決定、公表