「徳島発!テレワーク実証実験」の実施について

2015年9月10日

 情報通信技術(ICT)を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方である「テレワーク」の推進により、

 

 ○ 多様な働き方の提案による「ワーク・ライフ・バランス」の実現

 ○ 「県民サービスの向上」、「業務の効率化・迅速化」などによる行政改革の推進

 ○ 災害時等における「業務継続能力」の向上

 

 を図るため、平成26年9月1日より、次の3つの実証実験を展開し、本格実施に向けた「成果」と「課題」の洗い出しを行います。

 

 

 

 1 モバイルワーク実証実験

 

   庁舎外の会議や出張時に説明を要する業務において、モバイル端末(iPad Air)を活用し、

   分かりやすい説明による「県民満足度」の向上を図ります。

 

   (活用事例)

     ・ 観光誘客・企業誘致のための各種プロモーション活動

     ・ 農林畜産現場における営農支援、防疫対策支援

     ・ 福祉現場における療育手帳の交付判定業務

 

 

 

 2 県庁版サテライトオフィス実証実験

   県本庁舎内の401会議室にパソコン端末を設置し、南部、西部各総合県民局の職員等が、

   県本庁舎への出張の際に活用し、移動時間や通勤時間の効率的な利用の実現を図ります。

 

   (活用事例)

     ・ 県本庁舎での会議出席に係る報告書の作成

     ・ テレビ会議システムを活用した職場への即時報告

     ・ 災害時における災害対策連絡要員としての活動

 

 

 

 3 育休からの職場復帰支援実証実験

   職員の携帯電話等から閲覧可能な「職場復帰支援掲示板」を新たに構築するとともに、メールマガジンを活用して、

   タイムリーに育休中職員へ情報提供し、育児休業からの円滑な職場復帰の実現を図ります。

 

   (情報提供の内容)

     ・ 福利厚生、休暇制度の情報

     ・ 子育て支援関連の情報

お問い合わせ

人事課
行政改革室
電話:088-621-2370
ファクシミリ:088-621-2825