徳島県教育委員会(社会教育・生涯学習関係)の後援申請・事業報告について

2017年4月13日

徳島県教育委員会(社会教育・生涯学習関係)への後援申請・事業報告について

 

 

  

【注意】宿泊や移動を伴う事業(野外体験活動等も含む)の後援について

 

 

 昨年(H28.6)、震災支援のボランティアバスに対して、観光庁から各都道府県を通して是正通知があったとの報道がありました。

 (是正通知書)   ボランティアツアー実施にかかる旅行業法上の取扱について.pdf(48KB)

  この是正通知については、ボランティアツアー実施となっていますが、全ての旅行ツアーについて共通するものです。

  

 

   ※ つまり、

        ・運送サービス(鉄道・バス・飛行機・タクシーなど)

        ・宿泊サービス(ホテル・旅館など)           

      の手配(参加者から代金徴収し、代理して契約締結・支払いを行う)を伴う行為については、

      旅行業法により、観光庁長官又は都道府県知事の登録を受けた旅行業者でなければ取扱うことができません。

  

 

 

 

  後援名義の使用承認については、法令遵守が前提となりますので、

 

  旅行業法に抵触していないかどうかを十分にご確認いただき、申請をお願いいたします。

  

 

   なお、詳しくは主催者が本県に所在する場合は

  下記のリンクにある徳島県観光政策課(電話:088-621-2339 E-Mail:kankouseisakuka@pref.tokushima.jp)まで。

  他県の主催者さまについては各県の観光部署に確認してください。

   http://www.pref.tokushima.jp/FAQ/docs/00014342/

  

 

 

 

 

   徳島県教育委員会(生涯学習課)では,社会教育・生涯学習の振興を図るため,地域における社会教育(地域教育・家庭教育・青少年教育・女性教育等)の充実に寄与する事業や,県民の方々の生涯にわたる学習を支援するイベント等を後援しています

   徳島県教育委員会(社会教育・生涯学習関係)の後援を希望される方は,次の内容をご確認いただき,手続きくださるようお願いします。

なお,主催団体や事業内容等により,後援申請をお受けできない場合がありますので,2申請時の留意事項を十分にご確認ください。

  また,徳島県教育委員会では,事業内容によって,後援申請の担当課(窓口)が異なりますので,3生涯学習課取扱事業を十分に参照いただき,申請ください。

 

 

 

1 後援名義の申請

 

  (1)  申請については,次の関係書類を添えて,手続きをお願いします。

 

  ア 後援名義使用申請書 (1部)

  イ 事業内容に関する書類(各1部)

  ウ 主催団体に関する書類(各1部)

 

 

   ア 後援名義使用申請書(1部)

 

    (下記様式によりお願いします)   

           「PDF形式」      →   申請書(pdf形式)_.pdf(25.3KB)

         ・  「一太郎形式」   →    申請書(一太郎形式).jtd(20.0KB) 

         ・  「Word形式」     →    申請書(ワード形式).doc(26.5KB)

 

   イ 事業内容に関する書類(各1部)

        ・実施要項(開催要項等)

        ・収支予算書

        ・その他(広報用チラシ等,後援申請に参考となる資料)

   ウ 主催団体に関する書類(各1部)

        ・規約(定款,寄付行為,会則等)

        ・役員名簿(団体役職氏名等)

        ・その他(団体等の活動実績がわかる資料)

 

  (2) 後援名義の審査には,継続の場合は1週間程度,新規の場合は2~3週間程度の期間が必要となりますので,なるべく早めに申請書類をご提出ください。

 

  (3) 新規の申請については,必ず事前に電話等でご相談ください。

 

  (4) 捺印した申請書類一式は,ご持参いただくか郵送してください。

 

 

 

 

2 申請時の留意事項

 

    徳島県教育委員会が後援をすることができる事業・イベント等は,次の基準に該当するものとなりますので,十分にご留意ください。

 

  (1) 主催者についての基準

 

官公庁
学校及び学校の連合体
地方公共団体
公共組合及び営造物法人
公益法人及びこれに準ずる団体(ただし,宗教法人は除く)
新聞社,映画社,学術研究機関等
営利会社または団体等で事業内容についての承認基準に該当するもの

  

 

 

 (2) 事業内容についての基準

 

公序良俗に反する事業、政治活動、宗教活動、営利広告、売名行為等、県教育委員会名義を使用することで、一般の誤解を招き県教育委員会の信用を損ねる事業でないこと。 

収益性のある事業でないこと

(入場料等必要な事業については、収益事業に該当しないことについて、収支計画によって確認する)

事業目的が明らかに教育、学術、文化の向上普及に寄与するもので、公益性のあるものであること。
事業規模が二市(町村)以上の範囲にわたるものであること。

一市(町村)内程度のきわめて小範囲のものは、原則として承認しないこと。

当委員会の教育行政の運営に関する一般方針に反しないものであること。

 

  

 

 (3) その他の基準

 

主催者の存在が明確であること
主催者の基礎が明確で,事業遂行能力が十分あると判断されるものであること
役員その他事業関係者が信用し得る者であること講習会等にあっては,その講師が事業目的に真に適当な人であること
開催,開設の場所は,公衆衛生,災害防止について,十分な設備及び措置が講じられていること
主催者が参加者等から入場料,参加費等の経費を徴収する場合は,行事の実施上やむを得ない場合であって,参加者等の過重の負担とならないものであること
過去の名義の使用承認をしたもので,承認の条件(報告書の提出等)を履行しなかった者には,新たな承認をしないこと
徳島県名義の後援を受ける場合は,徳島県教育委員会の後援は原則として承認しないこと

 

 

 

 

 

3 生涯学習課取扱事業

 

     生涯学習課では,次のとおり社会教育・生涯学習等に関係する事業の後援申請を受け付けております。主に広く一般の方々を対象とした事業となります。

     学校の教育課程や学習活動に関係した事業や,主に児童・生徒・教職員を対象とした事業等については,担当課(窓口)が異なります。社会教育・生涯学習関係以外の事業で,徳島県教育委員会の担当課(窓口)がご不明な場合は,本課までお問い合わせください。

 

  (1) 社会教育 ・・・・・ 地域教育に関するイベント,講演会,研究会等

                              公民館,図書館,博物館等に関するイベント,研究会等

  (2) 生涯学習 ・・・・・ 芸術,文化活動のイベント,講演会,展覧会等

  (3) 家庭教育 ・・・・・ 子育て,家庭教育に関するイベント,講演会,研究会等

  (4) 青少年教育 ・・・ 青少年を対象とした自然体験活動等

                              自然体験活動等に関する指導者養成講座等

  (5) 女性教育 ・・・・・ 女性教育に関するイベント,講演会,指導者養成講座等

 

 

 

 

4 事業終了の報告

 

  後援事業が終了後には,次の関係書類を添えて,事業報告をお願いします。なお,事業報告がない場合は,次回からの継続承認ができませんので,必ずご提出ください。

 

 (1) 後援名義使用事業終了報告書(1部)

 

   ・「PDF形式」     → 報告書(pdf形式).pdf(23.0KB)

 

   ・「一太郎形式」   → 報告書(一太郎形式).jtd(35.5KB)

 

   ・「ワード形式」   → 報告書(ワード形式).doc(21.0KB)

 

 (2) 事業報告に関する書類(各1部)

   ・開催要項等(広報・配付したチラシ等)

   ・収支決算書(参加者から参加費等の経費を徴収した場合のみ)

   ・活動がわかる写真(自然体験活動等の事業のみ)

 

 

 

 

5 申請書提出先・問い合わせ先

 

 

 〒770-8570

 

徳島市万代町1丁目1番地

 

徳島県教育委員会

 

  

 

(社会教育・生涯学習関係)

  生涯学習課 学校・家庭・地域連携担当

   電  話:088-621-3148、088-621-3145

 

 

お問い合わせ

生涯学習課
学校・家庭・地域連携担当
電話:088-621-3148
ファクシミリ:088-621-2884