「徳島国際短編映画祭」の上映作品について

2016年2月3日

 徳島県では、来月、東京にはない価値観を徳島から発信する共通コンセプト「vs東京」に基づき、国内外へ徳島の魅力を発信するため、また、クリエイティブ人材の方々に向けて、徳島を「創造の気づきの場」としてPRするため、10年の歴史を誇り、世界的な評価の高い「札幌国際短編映画祭」との連携を図ることで、国内外の珠玉の作品を集めた西日本初の本格的な国際短編映画祭を開催することとしております。
 この「徳島国際短編映画祭」の上映作品として、札幌国際短編映画祭により本映画祭のために編成されたプログラムが決定いたしましたので、ご案内いたします。

 

1 上映プログラム(札幌国際短編映画祭セレクション)

  

  (1)アワードプログラムA:5作品
     市民審査員賞(作品部門)
     最優秀脚本賞
     最優秀ドキュメンタリー賞 
     クリプトン・ベスト・サウンド・アワード賞
     監督賞/美術賞

 

 (2)アワードプログラムB:6作品
     市民審査員賞(FM部門)/オーディエンスアワード(FM部門)
     ビジョナリー・アワード
     最優秀ミニショート賞
     作品部門グランプリ
          オーディエンスアワード(作品部門)
     最優秀子役賞


 (3)国内・北海道プログラム:4作品
     観光庁長官賞
     最優秀国内作品賞
     最優秀北海道作品賞
     SSF2015コンペ入選作

 

 (4)ファミリー&チルドレン:14作品 

 

2 徳島国際短編映画祭について

 

    平成28年3月18日(金)から20日(日)、あわぎんホール(徳島市)にて開催。
  主催は、「vs東京」実践委員会(会長:飯泉嘉門・徳島県知事)。
  総合ディレクターは、映像作家の菱川勢一氏。


  なお、映画祭では、今回の発表作品の他に、

    本県出身の映画監督・蔦哲一朗氏の「林 こずえの業(わざ)」や、

    休校予定の小学校を舞台とした「桜谷小学校、最後の174日」といった

    新作短編映画をはじめ本県ゆかりの作品についての上映を予定。

 

    全ての上映作品及び開催期間の上映スケジュールについては、

    決定次第、公表いたします。

 

SSF作品一覧.pdf(5MB)

お問い合わせ

地方創生局地方創生推進課
発信戦略担当
電話:088-621-2130
ファクシミリ:088-621-2829