吉野川水系,那賀川水系および打樋川水系でアユ釣りなどをされる方へのお願い

2017年5月26日

コイヘルペスウイルス病のまん延を防止するため,吉野川水系,那賀川水系および打樋川水系(阿南市)でアユ釣りなどをされる方にご協力をお願いします。

 

1. コイヘルペスウイルス病は,水を介してコイに感染します。水の移動を防ぐ意味から,吉野川水系,那賀川水系および打樋川水系で使用した「おとり鮎」を他水系で用いないでください。

 

2. 胴長,長靴,釣竿など吉野川水系,那賀川水系および打樋川水系の水に接したものを,他の水系で使用する場合は,日光でよく乾燥させて使用してください。

 

   水道水が使える場合は,水道水で30秒以上長靴等を洗ってください。

 

3. 参考

 

(1) コイヘルペスウイルス病とは

  コイヘルペスウイルス病はコイ(マゴイ及びニシキゴイ)のみに感染する病気であり,アユを含む他の魚や人に感染することはありません。

  感染したコイの死亡率は非常に高く,有効な治療法がない病気です。

  水温が18〜25℃の間で同ウイルスの活性が高くなります。

 

(2) コイヘルペスウイルスの発生状況

  本県では,平成17年度及び平成18年度に吉野川水系,平成20年度に那賀川水系及び打樋川水系,平成27年度に吉野川水系においてコイヘルペスウイルス病によるコイの大量へい死が発生しております。
  これらの水系には,同ウイルスに感染したコイがいる可能性があり,本病が再び発生する恐れがあるため,県は関係市町村に対して注意していただくようお願いしております。

 

(3) コイの持ち出しについて

  コイヘルペスウイルス病のまん延防止を図るため,過去にコイヘルペスウイルス病によるコイのへい死が確認された,吉野川水系,那賀川水系,打樋川水系,徳島市名東町の地蔵院池に加え,これら以外の水域についても不用意にコイを持ち出したり放流したりすることは避けてください。 

お問い合わせ

水産振興課
振興流通担当
電話:088-621-2474
ファクシミリ:088-621-2863