☆「ヘルプマーク」を市町村窓口でも配付します☆

2017年6月1日

平成29年5月より,これまで配付していた県施設に加え,県内24市町村窓口でも配付をはじめました。※




市町村配付窓口一覧はこちら→ 市町村配付窓口一覧.pdf(34KB)

 

 

 

※県が作成したヘルプマークを市町村で配付するものです。
※数に限りがありますのでご了承ください。

※一部市町村は6月からの配付となっております。

 

 


 

 

 ヘルプマーク』を知っていますか?

 

 

ヘルプマーク.jpg

 

 

 


 

 

 

義足や人工関節を使用している方、内部障がいや難病の方、または妊娠初期の方など、外見から分からなくても援助や配慮を必要としている方々が、

 

周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助を得やすくなるよう、作成したマークです。

 

平成28年7月より、県内施設にて配付を開始しました。

 

ヘルプマークを身に着けた方を見かけた場合は、列車やバス内で席をゆずる、困っているようであれば声をかける等、思いやりのある行動をお願いします。

 

 

 


 

配付対象者

 義足や人工関節を使用している方、内部障がいや難病の方、妊娠初期の方など、援助や配慮を必要としている方

配付方法

下記の場所でヘルプマークを必要とする方に配付します。

 

 ・障がい者相談支援センター(障がい者交流プラザ)

 ・発達障がい者総合支援センター ハナミズキ

 ・発達障がい者総合支援センター アイリス

 ・県内保健所(徳島・吉野川・阿南・美波・美馬・三好)

 ・精神保健福祉センター

 ・県障がい福祉課(徳島県庁1階)

 ・県健康増進課(徳島県庁2階)
 

 ※郵送での対応はしていません。
 ※ヘルプマークの趣旨に沿った、適正な利用をお願いします。

              ヘルプマーク使用例 

ヘルプマークを身に着けた方を見かけたら

 列車・バスの中で、席をお譲りください。


 外見では健康に見えても、疲れやすかったり、つり革につかまり続けるなどの同じ姿勢を保つことが困難な方がいます。 また、外見からは分からないため、優先席に座っていると不審な目で見られ、ストレスを受けることがあります。

 

 

 駅や商業施設等で、声をかけるなどの配慮をお願いします。


 交通機関の事故等、突発的な出来事に対して臨機応変に対応することが困難な方や、立ち上がる、歩く、階段の昇降などの動作が困難な方がいます。

 

 

 災害時は、安全に避難するための支援をお願いします。


 視覚障がいや聴覚障がいがあり、状況把握が難しい方や、肢体不自由等があり自力での迅速な避難が困難な方がいます。

 

ポスターを公共機関・職場・お店などで掲示していただけるよう御協力をお願いしています。(ご希望の場合は、下記お問い合わせ先まで御連絡ください)

ポスター.jpg

 

                 PR用ポスター

 

 

 

 PR用チラシ(表).jpg

                 PR用チラシ(表)

 

PR用チラシ(裏).jpg

                PR用チラシ(裏)

 


 

 

 

 

○お問い合わせ先○

 

徳島県保健福祉部障がい福祉課

電    話   088-621-2248

ファクシミリ   088-621-2241

メールアドレス syougaifukushika@pref.tokushima.jp

 

 

徳島県保健福祉部健康増進課感染症・疾病対策室

電    話   088-621-2224

ファクシミリ   088-621-2841

メールアドレス kenkouzoushinka@pref.tokushima.jp                                   

 

 

 

 

 

関連ワード