10月は「臓器移植普及推進月間」です

2017年10月13日

  臓器移植とは、病気や事故によって臓器が機能しなくなった人に、他者の健康な臓器を移植して、

機能を回復させる医療です。

 

   臓器を提供する、移植を受ける、わたしたちはどちらの立場にもなる可能性があります。

   一人ひとりが臓器提供について考え、家族と話し合い、自分の意思を表示しておくことが大切です。

 

   臓器提供の意思表示は、臓器を「提供する」、「提供しない」、どちらの意思も尊重されます。

 

 

 臓器提供に関する意思は、次の5つで表示することができます。

  1 健康保険証

  2 運転免許証

  3 意思表示カード

  4 インターネット

  5 マイナンバーカード

 

  くわしくは、公益社団法人日本臓器移植ネットワークホームページをご覧ください。 

    https://www.jotnw.or.jp/donation/method.html

 

 徳島県臓器移植普及推進月間公開シンポジウムのお知らせ

   いのちの贈り物~みんなで考える移植医療~

 

   ・日時  平成29年10月15日(日)11時開場、12時開始

   ・会場  長井記念ホール 

                徳島市庄町1丁目78番地の1

     問い合わせ 徳島大学消化器・移植外科

             TEL 088-633-7139

     ※入場無料

 

    ・内容

    ■シンポジウム

      演題1「徳島県の移植医療の現状」          大倉 和代

                                     (徳島県臓器移植コーディネーター) 

      演題2「ふたたび命を得て」+ミニコンサート     児嶋 由紀(レシピエント)

      演題3「小児ドナーのご家族の思い」         板澤 寿子(富山大学医学部小児科講師)

      演題4「臓器提供における救急医の果たすべき使命」

                                                                                中 大輔

                                     (日本赤十字社和歌山医療センター

                                                                                                                  神経救急部部長)   

    ■若い人たちからの意見 

      基調講演    古川 博之(旭川医科大学消化器病態外科教授)      

      演題1       徳島市立高校学生

      演題2       徳島大学医学部医学科学生

      演題3       徳島大学医学部保健学科学生

      演題4     同志社大学商学部商学科学生 

      総合討論あり

 

     ※詳しくは添付のチラシをご覧ください。   

 

              (チラシ)いのちの贈りもの.pdf(4MB)

 

 

        

       

 

             

        

 
                           

        

   

お問い合わせ

医療政策課
医事指導担当
電話:088-621-2191
ファクシミリ:088-621-2898