親うなぎの採捕禁止について

2017年10月30日
 近年,うなぎの資源状態が悪化しており,国際的にも問題となっています。

そこで,徳島県内の内水面(河川等)及び海面において,産卵場へ向かう親うなぎを保護するため,うなぎの採捕を制限しています。

 

■ 制限の内容

 徳島海区漁業調整委員会及び徳島県内水面漁場管理委員会の各委員会指示により、徳島県内において、全長20センチメートルを超えるうなぎの採捕が11月1日から翌年3月31日まで禁止されました。

 また、従来から徳島県漁業調整規則及び徳島県内水面漁業調整規則(以下、「調整規則」という。)により、全長20センチメートル以下のうなぎは年間を通じ採捕が禁止されています。

 

対象者:漁業者、遊漁者をはじめ全ての方
禁止区域:徳島県内の海面及び内水面
※違反には罰則が適用される場合があります。

 

■ 委員会指示の概要

1 禁止する区域

・徳島海区(公共用水面及びこれと連接して一体を成す水面)
・徳島県内の河川等の内水面(公共用水面及びこれと連接して一体を成す水面)

 

2 禁止する期間 

平成29年11月1日から平成30年3月31日まで

 

3 指示の適用除外

この指示は次に掲げる場合には,適用しない。

・調整規則の規定により知事の許可を受けた者が,当該許可の範囲内で採捕する場合

・国又は地方自治体(大学等の試験研究機関を含む。)が,うなぎの研究を目的として採捕する場合

お問い合わせ

海区漁業調整委員会事務局
電話:088-621-2477