【RESAS】徳島大学における「社会人講座」の開催について

2017年1月14日

 徳島県では、「地方創生」の取組みを更に加速させるため、本年度、国の「地方創生加速化交付金」を活用した「リーサス活用実践キャラバン事業」により、“徳島ならでは”の「リーサス:地域経済分析システム」の普及促進に取り組んでいるところです。

※地域経済分析システム(Regional Economy and Society Analyzing System の頭文字→ RESAS:リーサス)

 

 このたび、徳島大学のご協力により、地域創生センター フューチャーセンターにおいて、1月25日(水)から3回にわたり、社会人講座「徳島に活力をもたらす統計学」を開催いたします!

 

 本講座は、統計学を体系的に学習したことがない方や、データによる業務上の意思決定に興味・関心がある方など、統計学の初心者を対象にした特別講座です。統計データの意思決定の実例などを、難しい数式を使わずにわかりやすく紹介し、今後の統計学を学ぶ「きっかけ」となるようなプログラムとなっており、大学生、高校生や県民の皆様など広く受講を募り、今後の勉強や就職活動、仕事等に活用いただくことを期待して開催するものです。

 

 開催概要

☆講座名:徳島に活力をもたらす統計学 ~統計からとくしまのブランディングを考える~

 

☆開催日時

○1月25日(水)【徳島大学 教授 豊田 哲也 氏】

        統計はおもしろい ~人口の変化から街の将来を考える~

 

○2月 1日(水)【株式会社おたに 代表取締役CEO 小谷 祐一朗 氏】

        統計でメシが食える ~データサイエンティストの仕事~

 

○2月 8日(水)【日経BPコンサルティング コンサルティング本部 高橋 健太朗 氏】

        統計から見た徳島ってどういうところ? ~徳島をブランド化するために~

 

以上の全3回 いずれも18:00~20:00(17:30開場予定)

※参加したい回を選んで受講できます。

 

☆会場:徳島大学地域創生センター フューチャーセンター(徳島市南常三島1丁目1番地)

 

☆受講対象:大学生、高校生、一般県民

 

☆受講料:無料

 

☆主催:徳島大学地域創生センター、徳島県

 

 参加申込等

☆事前登録制(受講定員40名)

  次のページにある「ワンストップ支援デスク」の問い合わせフォームからお申込みください。

  http://nkbp.jp/2hxM3up

 

☆本講座は県立総合大学校総合政策学部の主催講座(2単位/回)です。

              ※詳細はチラシをご参照ください。

チラシ 

 

まなびーあ徳島 

社会人講座チラシ(1MB)

 

 お問い合わせ

日経BP社 読者サービスセンター TEL 03-5696-1111  

 

 インターネットでのお問い合わせ

「徳島県リーサス活用実践キャラバン事業」特設サイトのページ下にある「ワンストップ支援デスクまで」のボタンをクリックしていただくと、問い合わせフォームが表示されます。ここに、お問い合わせの内容など、必要事項を入力して送信してください。お問い合わせいただいた内容については、後日、メールまたは電話で回答させていただきます。

 

 ➢リーサスに関する疑問、質問は「ワンストップ支援デスク」まで!

 

 ➢「地域経済分析システム(RESAS:リーサス)」関連情報はこちら

お問い合わせ

地方創生局地方創生推進課
地方創生担当
電話:088-621-2361
ファクシミリ:088-621-2829