【3月18日開催】「四国遍路を世界遺産に」国際シンポジウムについて

2017年2月16日

  「四国遍路を世界遺産に」国際シンポジウムの開催について 

 

 

四国では産学民官一体となって,四国遍路の世界遺産登録を目指しています。

このたび,世界遺産や四国遍路の研究者をお招きし,次のとおり,国際シンポジウムを開催します。

ぜひ,ご来場ください。

 

 

 

    【日 時】 平成29年3月18日(土) 午後1時~午後4時40分

                                                                                                                                                                     

    【場 所】 ホテルクレメント徳島(徳島市寺島本町西1丁目61 JR徳島駅直結)

   

    【主 催】 「四国八十八箇所霊場と遍路道」世界遺産登録推進協議会

         四国遍路・熊野古道連携事業協議会 

 

  【協 力】 NPO法人遍路とおもてなしのネットワーク

 

    【内 容】■文化庁報告

 

        「近年の世界文化遺産の動向」 

           下田 一太 氏 (文化庁記念物課世界文化遺産室文化財調査官)

     

          ■記念講演

       

                  「シルクロードの世界遺産登録への経験から」

             Guo Zhan(グオ・チャン)氏 (前ICOMOS(国際記念物遺跡会議)副委員長)

 

        「四国遍路と熊野古道」

                  林 雅彦 氏 (明治大学名誉教授)

 

          ■パネルディスカッション

 

        「四国遍路の世界遺産登録に向けて」

          

           コ-ディネ-タ-

              清水 真一 氏 (徳島文理大学教授)

          

         パネリスト

             Guo Zhan(グオ・チャン)氏 (前ICOMOS(国際記念物遺跡会議)副委員長)

              本中 眞 氏 (内閣官房 内閣参事官) 

              林 雅彦 氏 (明治大学名誉教授)      

              大石 雅章 氏 (鳴門教育大学理事・副学長(教育・研究担当))

 

   ※入場無料(先着200名様)

   ※参加ご希望の方は,事前に添付の国際シンポジウムチラシ裏面の記載方法でお申し込みください。

 

   

   

 

 

 

 

 

 

 国際シンポジウムチラシ(2MB)

 

 

 

 

   

お問い合わせ

総合政策課
広域連携室
電話:088-621-2012