ソフトターゲットにおけるテロ対策の推進について

2017年2月22日

〇2020年東京オリンピック・パラリンピックを控え、ソフトターゲットにおけるテロ対策をより一層深化・強化していく必要があることから、平成29年1月、内閣官房において、事業者・施設管理者が行っているテロ対策のベストプラクティスをまとめた「ソフトターゲットにおけるテロ対策のベストプラクティス」(平成28年3月初版)が改訂されましたので、参考にしてください。

※ソフトターゲットとは、スタジアム、コンサート会場、遊園地、ショッピングモール等の大規模集客施設その他の、自衛隊や警察によって防御されていない不特定多数者が集合する施設・場所のことです。

※ベストプラクティスとは、最も効率的・効果的な方法のことです。

〇なお、対策を実施することにより施設イメージが損なわれる場合や必要な予算・人員を措置する余裕がない場合等があり、実施困難な対策もあることから、実施の要否については、各宗教法人の御判断により、お願いします。

 

ソフトターゲットにおけるテロ対策のベストプラクティス.pdf(479KB)

 

文化庁からの協力依頼.pdf(58KB)

お問い合わせ

総務課
学事調査担当
電話:088-621-2027