【開催報告】自然エネルギー体験バスツアーについて

2017年3月13日

【開催報告】自然エネルギー体験バスツアーについて

 

 

平成29年3月12日(日)に県内の自然エネルギー発電設備等を巡る、自然エネルギー体験バスツアーを開催しました!

 

 

1 水素エネルギー普及啓発体験ゾーン(徳島県自然エネルギー水素ステーション)

  徳島県庁内に整備した、徳島県自然エネルギー水素ステーションについて、水素製造の過程を説明するとともに、

 公用車として導入した燃料電池自動車「クラリティフューエルセル」の展示及び水素の充填デモンストレーションを行いました。

 

 水素ステーション1.jpg 水素ステーション2.jpg

 

2 徳島県企業局総合管理事務所

  徳島県企業局が運営する水力発電設備及び太陽光発電設備の管理システムについて解説をいただきました。

 また、工業用水事業についても説明をいただきました。

 

 総合管理事務所1.jpg 総合管理事務所2.jpg

 

3 きたなだ海の駅(小型風力発電設備)

 四国初の設置となった、高効率の小型風力発電設備「風レンズ風車」の説明を行いました。

 また、昼食休憩では、漁協食堂うずしおにて、北灘の海の幸をいただきました。

 

 大浦漁港1.jpg 大浦漁港2.jpg

 

4 エコみらいとくしま及びマリンピア沖洲太陽光発電所

 徳島県企業局が運営する、メガソーラー発電所の現地見学を行い、太陽光発電設備の仕組みについて解説をいただきました。

 また、エコみらいとくしまでは、県の環境施策についての説明のほか、発電体験キットにより、自然エネルギー発電について学ぶことができました。

 

 エコみらい1.jpg エコみらい2.jpg

 

普段触れる機会の少ない自然エネルギー発電設備やその管理システムの説明の後には、参加者から熱心に質問が寄せられました。

 

徳島県は今後も自然エネルギーの導入拡大、また、地域資源の再発見のため、積極的に普及活動を展開していきます!!

お問い合わせ

環境首都課
電話:088-621-2210