プロ野球ナイター公式戦誘致支援業務の企画提案を募集します。

2017年6月19日

 

本県のスポーツ振興の中核施設である「オロナミンC球場」の設備改修を契機とし、

同球場へのプロ野球(一般社団法人日本野球機構の会員である12球団による野球をい

う。以下同じ。)ナイター公式戦誘致に向けた活動を進めるに当たり、効率的・効果的

な支援サービスを提供できる業務委託者を選定するため、公募型プロポーザルにより企

画提案を募集します。 

 

 

1 業務概要

 

(1)業務名

 プロ野球ナイター公式戦誘致支援業務

(2)業務内容

仕様書のとおり

(3)委託業務の期間

    契約締結の日から平成30年3月30日まで

(4)見積限度額

   2,500千円(消費税及び地方消費税を含む。)

 

 

2 企画提案の参加者の要件

 

  次に揚げる要件を全て満たす者であること。


(1)提案事業を的確に遂行できる能力を有する者であること。

(2)多くの球団と地方球場での公式戦開催に関して交渉を行うために球団内部に通じ

  ている者であって、プロ野球に関するコンサルティング等具体的な業務実績を有す

  る者であること。

(3)法人等及びその代表者が、次の事項に該当しない者

  ア 地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4の規定に該当する者

  イ 地方自治法第244条の21項の規定により徳島県又は他の地方公共団体から

指定の取消しを受け、又は当該処分の日から起算して2年を経過しない者

  ウ 徳島県建設業者指名停止措置要綱及び徳島県物品購入等に係る指名停止等措置

要綱に基づく指名停止の措置の対象になっている者

  エ 暴力団(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77

号)第2条第2号に規定する暴力団をいう。以下同じ。)

 オ 暴力団又はその構成員(暴力団の構成団体の構成員を含む。)若しくは暴力団

の構成員でなくなった日から5年を経過しない者(以下「暴力団の構成員等」とい

う。)の統制下にある団体

  カ 会社更生法(平成14年法律第154号)に基づく更生手続開始の申立て、民事再

生法(平成11年法律第225号)に基づく再生手続開始の申立て又は破産法(平成

16年法律第75号)に基づく破産手続開始の申立てがなされた者。ただし、会社更

生法に基づく更生手続開始の申立て又は民事再生法に基づく再生手続開始の申立

てがなされている者であっても、更生計画の認可の決定、又は再生計画の認可の

決定が確定している者については、当該申立てがなされていない者とみなす。

キ 私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律(昭和22年法律第54号)第3

条又は第8条第1項第1号に違反するとして、公正取引委員会又は関係機関に認

定された日から2年を経過しない者

    ク 労働基準法をはじめとする労働関係法令を遵守していない者

  ケ 役員(法人の監査役及び監事を含む。)のうちに、次のいずれかに該当する者

がいる団体

(ア)成年被後見人又は被保佐人

   (イ)破産者で復権を得ない者

   (ウ)禁固以上の刑に処せられ、その刑の執行を終わり、又はその刑の執行を受

けることがなくなった日から2年を経過しない者

(エ)暴力団の構成員等

コ 特定の政治活動又は宗教活動等を主たる目的とする団体、公序良俗に反する等

 適当でないと認められる者

 

 

 

3 応募の手続等

 

  業務委託者の選定に参加を希望する者は、次のとおり必要書類を提出すること。

 

(1)参加表明書の提出

  ア 提出書類 

   参加表明書(様式第1号)

イ 提出期限
   平成29年6月21日(水) 午後5時必着
   
 郵送により提出する場合も同様とする。
  ウ 提出方法
   持参、郵送(書留郵便)又は宅配便によること。
  エ 提出先

「6 担当」に同じ。

(2)企画提案書等の提出
  ア 提出書類

提出書類は次にあげる(ア)から(ケ)の書類(以下「企画提案書等」という。)

を1セットにして、6部(正本1部、副本5部)提出するものとする。

(ア)企画提案書(様式第2号)

(イ)業務実績書(様式第3号)
   (ウ)事業計画書(様式第4号)
   (エ)委託業務に係る経費の見積書(様式第5号)

(オ)会社等の概要(様式第6号)

     (カ)定款又は寄付行為
   
  (キ)法人の場合は登記簿謄本(履歴事項全部証明書)、個人事業者の場合は個 

人事業開始届の写し
   (ク)役員名簿
   (ケ)直近の事業報告書及び収支決算書

イ 提出期限
   平成29年6月26日(月) 午後5時必着
   
 郵送により提出する場合も同様とする。
  ウ 提出方法
   持参、郵送(書留郵便)又は宅配便によること。
  エ 提出先

「6 担当」に同じ。

(3)応募書類等に係る質問
   委託業務に係る質問は文書にて行うものとし、書面持参、ファクシミリ又は電子  

メールのいずれかの方法で提出すること。
   なお、ファクシミリ、電子メールの場合は送信後、電話にて着信の確認を行うこ

と。
  ア 質問の受付時間
    平成29年6月16日(金)から平成29年6月20日(火)まで
    受付時間は、休日等を除く午前9時から午後5時までとする。
  イ 問い合わせ先 「6 担当」に同じ。    
  ウ 回答 ファクシミリ又は電子メールのいずれかの方法で回答する。
(4)企画提案書等の取扱い
  ア 提出期限後の書類の提出、再提出及び差し替えは原則として認めない。
  イ 提出された書類は返却しない。
  ウ 提出された書類は、徳島県における使用に限り、必要に応じて複写することが

ある。
(5)企画提案書等の作成に当たっての留意点
  ア 提案は1社1案とする。
  イ 別添「仕様書」に基づき作成すること

ウ 企画提案書等のうち(2)の(ア)から(エ)に掲げる書類の規格及び頁数は

 A4版で10頁以内とする。

(6)次に該当する場合には、失格又は無効とする。
  ア 企画提案書等の提出方法、提出先又は提出期限に適合しない場合
  イ 企画提案書等に虚偽の内容が記載されている場合
  ウ 企画提案書等に記載すべき事項の全部又は一部が記載されていない場合
  エ 本募集要項及び仕様書に示した要件に適合しない場合
(7)委託業務により知り得た秘密は、他者に漏らさないこととする。
(8)手続において使用する言語及び通貨は日本語及び日本国通貨とする。
(9)本件提案に要する全ての費用は提案者の負担とする。

 

 

4 選定方法等

 

(1)選定方法
 徳島県商工労働観光部内に設置する選定委員会において企画提案書等を総合的に

  評価し、1社を選定する。また、必要に応じてヒアリングを行うことがある。

(2)選定基準
   次の項目により評価する。ただし、評価基準の配点等に関する質問は受け付けな 

い。
   
ア 業務内容の理解度:事業の目的、主旨を十分にふまえた企画提案がなされてい

るか。
   
イ 提案内容の実効性:提案内容が具体的で説得力があり成果が期待できるもので

あるか。
   
ウ 業務遂行の確実性:事業の準備を含め業務全体が円滑かつ安定的に遂行できる

か。
   
エ プロ野球関連業務の実績:事業の実施に有用な実績を有しているか。
(3)選定の結果は、提案書提出者全員に通知する。ただし、選定の経緯については公

表しない。
(4)選定結果に対する異議申立ては受理しない。

 

 

5 主なスケジュール


  平成29年6月16日(金)  募集開始

平成29年6月21日(水)  参加表明締切
  平成29年6月26日(月)  募集締切
  平成29年6月下旬      選定委員会を予定
  平成29年6月下旬      契約締結・業務開始

 

 

6 担当(書類提出先及び問い合わせ先)

 

〒770-8570 徳島県徳島市万代町1丁目1番地

  徳島県商工労働観光部 にぎわいづくり課 にぎわい創出担当

  電話 088-621-2146 ファクシミリ 088-621-2837

  電子メール nigiwaidukurika@pref.tokushima.jp

 

 

01 募集要項.pdf(119KB)

02 様式第1号.doc(25KB)

03 様式第2~6号.doc(74KB)

04 仕様書.pdf(67KB)

 

関連ワード

お問い合わせ

にぎわいづくり課
にぎわい創出担当
電話:088-621-2146
ファクシミリ:088-621-2837