兵庫県神戸市における特定外来生物「ヒアリ」の確認について

2017年6月19日

1 概要

 平成29年5月26日に兵庫県尼崎市に留置されていたコンテナから,国内初となる特定外来生物「ヒアリ」が確認されたことを受け,環境省等が緊急調査したところ,6月16日には当該コンテナが一時保管されていた,兵庫県神戸市のポートアイランドのコンテナヤードでもヒアリの個体が確認されました。

 発見されたヒアリは,環境省と神戸市等により調査及び防除が実施されています。

 

 

2 発見状況等

 (1)平成29年5月26日兵庫県神戸市で,コンテナから積荷を取り出す際に,アリのコロニーを発見。通関業者から環境省近畿地方環境事務所へ報告。環境省からの依頼に基づき,通関業者がコンテナの燻蒸消毒を実施し,アリが全て死滅していることを確認。

 (2)平成29年6月16日,環境省等が実施した緊急調査により,神戸市のポートアイランドのコンテナヤードでヒアリが確認され,防除が実施された。

 

 

3 ヒアリについての注意事項

 漢字で”火蟻”と表され,刺されると火傷のような激しい痛みを生じる。赤茶色の小型のアリで,腹部は濃く黒っぽい赤色。体長は2.5ミリから6ミリと大きさにばらつきがあり,土でアリ塚を作って住むことも特徴。毒性が強く,お尻の毒針で刺されるとアレルギー反応により死に至ることもあるため,世界各地で問題となっています。

 

 

4 発見時の対応

 ヒアリと疑われるアリを発見したら,市町村役場に連絡してください。(添付ファイル参照)

  市町村連絡先一覧.pdf(32KB)

 

 ヒアリを刺激すると刺される場合があります。また,ヒアリが生息している可能性があるような場所(緑地帯の土や芝生の土等)には,安易に手を入れないようにしてください。発見したときは刺されないよう十分注意し,死んだアリでも針が出ていて刺さることがあるので,決して素手で触らないでください。

 

 

5 刺された場合

 まずは安静(20~30分程度)にし,容体が急激に変化することがあれば,救急車を要請するなど,すぐに医療機関を受診してください。受診の際は,「アリに刺されたこと」,「アナフィラキシー(重度のアレルギー反応であること)の可能性があること」を伝えてください。

 

 

6 参考・出展

    ストップ・ザ・ヒアリ(平成21年3月発行 環境省自然環境局 野生生物課外来生物対策室)

 

      URL:https://www.env.go.jp/nature/intro/4document/files/r_fireant.pdf.

 

 

   神戸港における緊急調査で確認されたヒアリについて

      URL:http://www.env.go.jp/press/104203.html

 

   特定外来生物 ヒアリ(火蟻)について

      URL:http://www.city.kobe.lg.jp/safety/emergency/other/solenopsis_invicta.html

関連ワード

お問い合わせ

環境首都課
自然環境担当
電話:088-621-2263
ファクシミリ:088-621-2845