改正宅地建物取引業法について

2017年9月13日

平成28年6月3日に公布された改正宅地建物取引業法において、既存建物のインスペクションの普及に関し、宅建業者による

インスペクション業者のあっせんの可否の提示(媒介契約締結時)」や

インスペクション結果の買主への説明(重要事項説明時)」等が措置されました。

 

これは、不動産取引のプロである宅建業者が、専門家によるインスペクションの活用を促すことにより、

売主・買主が住宅の現況を踏まえた上で、安心して取引ができる市場環境整備を目指すものです。

 

改正の詳細は、下記のリンク先の国土交通省のホームページをご覧ください。

http://www.mlit.go.jp/totikensangyo/const/sosei_const_tk3_000132.html

お問い合わせ

住宅課
建築指導室
電話:088-621-2604
ファクシミリ:088-621-2871