ISO14001内部監査員養成研修

2017年10月10日

 

本来業務(事業プロセス)に統合し意図した成果を達成する
規格解釈の仕方及び監査のポイント

 ISO14001:2015改訂版が発行されました。ISO14000シリーズは環境に配慮した事業活動を行うための管理システムの国際規格であり、環境保全の必要性や環境負荷低減のため、この規格の認証取得を目指す動きは自治体や中小企業に広がりを見せています。
すでにISO14001の認証取得済みの企業様はもちろん認証取得をめざす企業様においても、新認証基準に移行することが必要となります。
 今回の改正では、経営層も環境マネジメントシステムの意図する成果を達成する規格の解釈から、実証・運用するプロセスを理解することが必要となり、今後、経営層による内部監査員の指導・養成及び経営活動に対応できる監査員が必要不可欠となります。
 このたび、認証を既に取得、あるいは認証取得を目指している県内中小企業の経営者、推進担当者、内部監査員を目指す方等を対象に次の日程で「ISO14001内部監査員養成研修」を開催いたします。
研修では、経営層、管理層、監査リーダーにも事業プロセスの統合の仕方、経営層の実証責任を果たす方法及びトップを支える管理層の責務を規格の解釈の仕方を通じて理解していただきます。
この機会に是非ご参加ください。

開催概要

日  時 平成29年12月7日(木)・8日(金)・12月14日(木)・15日(金) [4日間コース]

 

(いずれも午前9時から午後5時まで)

会  場 徳島県立工業技術センター 講堂 2F
(住所:徳島市雑賀町西開11番地の2 TEL:(088)669-4711)
講  師 阿部 敏男 氏
(株)グローバルテクノ審査員研修コース主任講師
CEAR/IRCA認証研修機関・審査員研修コース主任講師
JAB認証審査機関・主任審査員
環境・労働安全衛生マネジメントシステム・コンサルタント
CEAR・主任審査員 IRCA・EMS主任審査員 IRCA・OH&S審査員
エコステージ主任評価員 エコアクション21審査員 日本環境監査人協会会員

 


【講師略歴】
パナソニック(旧松下電器産業(株))在籍中、パナソニック四国にて傘下9事業所の14001内部監査 員150名の養成及び認証取得の構築支援。2000年4月退職後、(有)エコ・21企画を設立し、審査、講師、コンサルタントとして活躍中。また、現在、企業のリスク管理として重要な労働安全衛生マネジメントシステム(OHSAS18001)とISO14001との統合マネジメントシステムの構築、実施運用の支援・コンサルタントを行っている。

現在、企業経営コンサルタント含めた、大企業・中小企業の実績数、104社。

定  員 50名程度
受 講 料 30,000円 (テキスト代含む)
※申込後、受講確定通知を送りますので、研修前日までに、確定通知に記載した指定口座に受講料をお振り込みください。キャンセルされた場合も、受講料は返却できません。
申込方法 平成29年11月24日(金)までに(必着)、下記ページの申込みフォームよりお申し込みください。または、申込書を(公財)とくしま産業振興機構までFAXして下さい
※受講者には、申込締切前後に確定通知を送付しますので、研修当日までに受講料をお振込み下さい。
※会場の都合により申込多数の場合はお断りする場合があります。
申 込 先 (公財)とくしま産業振興機構 総合支援部
〒770-0865 徳島市南末広町5番8-8号 担当:大草
TEL:088-654-0103 FAX:088-653-7910
https://www.our-think.or.jp/

※ カリキュラムの一部が変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。研修修了者(3日以上出席)の方に修了証書を交付します。

 

お申込みはこちら(外部ホームページに移動します)

お問い合わせ

企業支援課
電話:088-621-2354