動物由来感染症について

2017年10月11日

動物から人に感染する病気を「動物由来感染症」といいます。

 

ペットの犬や猫など身近な動物も、人に感染させてしまう病原体を保有している場合があります。

 

 ペットからの感染を防ぐために

 

 

 動物との過剰なふれあいは控えましょう。

 (口移しでエサを与えない、スプーンや箸の供用をしない、布団に入れて一緒に寝ない、等)

 動物に触ったら、必ず手を洗いましょう。

 ダニなどの外部寄生虫は薬などで適切に駆除しましょう。

 ペットが体調不良の場合は、速やかに動物病院を受診しましょう。

 感染症が疑われ、衰弱したペットの汚物処理等の際は手袋を着用しましょう。

 人が体調不良になった場合は、早めに医療機関を受診しましょう。

 受診の際は、ペットの飼育状況や健康状態、接触状況なども医師に伝えましょう。

 

人と動物のよりよい関係を築く為にも、動物由来感染症に対する正しい知識を身につけ、感染症の予防に努めましょう。
予防方法等不明なことがあればお気軽に保健所にお問い合わせください。

動物由来感染症対策(安心とくしま)

お問い合わせ

南部総合県民局保健福祉環境部<美波>
生活衛生担当
電話:0884-74-7345
ファクシミリ:0884-74-7365