「四国遍路展~遍路の見た風景in徳島~」の開催について

2017年11月15日

  「四国遍路展~遍路の見た風景in徳島~」を11月18日から開催します

 

 平成27年4月に「日本遺産」に認定された「四国遍路」の魅力を国内外へ発信するため,

下記のとおり「四国遍路展遍路の見た風景in徳島~」を開催します。

遍路」に視点を置いた写真展示及び資料展示等により,過去から現在に至る四国遍路

遍路を支えた四国の人々の姿を紹介します

 

 

 

 開催日時 

  平成21118日()~12日(午前10時~午後7時

  ※11月18日は午前11時30分開場(展示解説(18日のみ)11時30分~正午)

                 

 開催場所

  徳島大学 地域創生・国際交流会館1階 多言語コモンラウンジ

 (徳島市南常三島町1丁目1番地)

 

 主  催

  四国遍路日本遺産協議会

 

4 共  催

  徳島大学

 

 展示内容(日・英2カ国語表記)   

  ・四国遍路「巡礼の旅」フォトコンテスト受賞作品   

  ・四国遍路の歩み(遍路の歴史や姿を資料や写真,映像で紹介)   

  ・外国人が見た遍路(モートンコレクションから,20世紀初頭に

   西洋の外国人遍路の3名が残した書物や写真を展示)     等   

 

6 その他   

  展示初日には,講演会も行います。

  日 時 11月18日(土) 午前10時30分~11時30分   

  場 所 地域創生・国際交流会館5階 フューチャーセンター   

  講 師 徳島大学准教授 モートン常慈氏   

  演 題 世界の視点から見た四国遍路の魅力

 

※ 入場無料

※ 会場にお越しの際は,公共交通機関をご利用いただくか,

  近隣の有料の駐車場をご利用くださいますようお願いいたします。

 

四国遍路展チラシ.pdf(1MB)

 

 

 

 

 

関連ワード

お問い合わせ

総合政策課
広域連携室
電話:088-621-2012