マイナンバー制度における情報連携の本格運用開始について

2017年11月6日

 

≪マイナンバー制度における情報連携とは≫

 

 

   情報連携とは、マイナンバー法に基づき、これまで国民・住民の皆様が行政の各種事務手続で提出する必要があった書類を省略することができるよう、

専用のネットワークシステムを用いて、異なる行政機関の間で情報をやり取りすることです。

 

 情報連携の本格運用が開始されれば、マイナンバーを用いる事務手続において、これまで提出する必要があった書類が省略できるようになります

 

 

 

≪本格運用開始日について≫

 

 

 平成29年11月13日(月)

 

 

 

 

●マイナンバー制度の情報連携に伴い省略可能な主な書類の例(平成29年11月13日時点)

 

 別紙1.png

 

 

 

●本格運用開始時点において情報連携可能な事務手続の一覧及び省略可能な書類(平成29年11月13日時点)

 

    詳しくはこちらをご覧ください。(392KB)  Excel版(116KB)

 

 

●(参考)本格運用開始時点において引き続き情報連携の試行運用を行う事務手続の一覧(平成29年11月13日時点)

 

  詳しくはこちらをご覧ください。(141KB)  Excel版(27KB) 

   注)こちらに記載のある事務手続は、添付書類が必要となります。 

 

 

 

お問い合わせ

地方創生局地域振興課
情報企画担当
電話:088-621-2142
ファクシミリ:088-621-2829