【とくしま農林漁家民宿】 古民家「懐和の里(かいわのさと)」

2017年12月14日

外観大.jpg

 ジャパンブルーの源「藍」。吉野川下流域に栄えた藍屋敷の客間で心和む懐かしい一時を。

 江戸から明治にかけて,吉野川の肥沃な土地のもと,徳島では藍生産が盛んに行われ,「阿波25万石,藍50万石」との言葉があるように,藍産業に関わる藍師や藍商は大変栄えておりました。

  しかし,長く繁栄した阿波藍産業も1900年代に入ると徐々に衰退の道を辿り,当宿のある石井町も,藍生産から京阪神市場向けの野菜作り,畜産業から食肉加工業と,時代とともに姿を変えつつあります。

  当宿の客室は,200年以上前に建てられた元藍商の屋敷を利用しており,客室はもちろん,そこから見える中庭の景色,希望者は閲覧もできる藍に関する資料からは,当時の雰囲気を感じることができます。

  また体験メニューとしては、季節ごとの色々な自家栽培野菜の収穫,近隣施設での藍染やハム・ソーセージ加工等を用意しておりますので,当宿で徳島の今と昔を体験してください。

スポット詳細情報

住所 名西郡石井町高原字池北240-1
電話番号 088-674-3199、090-1008-0834
体験メニュー

農業体験(植付、収穫等)

 ※近隣施設で藍染やハム・ソーセージ製造、芋焼酎仕込等が体験できます。

営業時間 チェックイン16:00,チェックアウト10:00
定休日 8月1日~8月7日、12月下旬~1月5日
予約 2日前までに申し込み
料金 宿泊(素泊まり)                        4,500円
厨房、バーベキュー設備使用                         500円
webサイト

http://wwwe.pikara.ne.jp/kaiwanosato/index.html

kaiwanosato@ma.pikara.jp(E-mail)

宿泊可能人数 5名(1日1組限定)
その他

○食事

 自炊のみとなっております。食材購入は町内農家直送の野菜や果物が

販売されている「百姓一」、 県内の食材が手に入る「阿波食ミュージアム」を

御利用ください。(希望者は当宿でそば米汁作り体験ができます。)

 ・百姓一         名西郡石井町石井字重松639-5(TEL : 088-674-7377)

 ・阿波食ミュージアム 名西郡石井町高原字中須154(TEL : 088-677-7831) 

○ペット同伴不可

○カード決済不可

スポット写真

外観小.jpg 内観.jpg

地図

とくしま農林漁家民宿 「古民家「懐和の里(かいわのさと)」」