指定障害福祉サービス事業所の利用

指定障害福祉サービス事業所の利用については、次のような流れとなります。

1.相談・申し込み[相談支援事業者](市町村)

相談・申し込み

  • 利用に関する相談は、主に市町村や相談支援事業者で行なっています。
  • 利用を希望される場合は、居住地の市町村に利用申請を行います。

2.心身の状況に関する106項目の調査(市町村)

県が実施する研修を修了した認定調査員が、障害者の心身の状況を判定するため、 公平公正で客観的かつ正確に106項目の調査を行います。

3.勘案事項調査

地域生活、就労、介護者、住居、日中生活など

4.サービス利用意向の聴取(市町村)

5..暫定支給決定(市町村)

一定期間サービスを利用し、

  • 1.ご本人の利用意思の確認
  • 2.サービスが適切かどうかの確認

を行い、確認ができたら、評価項目に沿ったお一人お一人の個別支援計画を作成し、その結果を踏まえた本人支給決定が行われます。

6.市町村審査会の意見聴取

  • 審査会は、障害保健福祉に精通し、中立公正な立場で審査が行える委員で構成されます。
  • 市町村が策定している支給決定基準と乖離する支給決定をする場合は、審査会に意見を聴くことができるとされています。

7.支給決定(市町村)

(注)概ね、障害者手帳取得程度の障害のある方が対象となります。