発達障がい者(児)が利用できる就労支援メニュー

発達障がい者(児)の方が活用できる就労支援メニューは、次のようなものがあります。

1.相談

支援メニュー相談窓口備考
徳島県発達障がい者総合支援センター ハナミズキにおける就労相談
発達障がいのある方からの就労に関する相談を受け付け、 徳島障害者職業センターなどの関係機関と連携を図りながら支援を行います。 また、就労以外にも、学校や職場、家庭での日常生活(行動や身辺のこと、コミュニケーションなど)について相談を受け、 課題解決に向けた助言、関係機関の紹介、情報提供等を実施します。
徳島県発達障がい者総合支援センター ハナミズキ  
特別支援学校における就労相談
地域の特別支援教育のセンターとして、中学校、高等学校に在籍する生徒の進路指導に関わる相談、 助言、情報提供等を行います。
特別支援学校  
中学校・高等学校における就労相談
特別支援教育コーディネーターが中心となり、保護者や校内外の関係者と連携して、 生徒一人一人の教育的ニーズに応じた進路に関する支援を行います。
中学校・高等学校  
就労に関する様々な相談支援
ニーズや課題に応じて、職業準備訓練や職場実習のあっせん、 求職活動への同行、生活面の支援など様々な相談に応じます。
障害者就業・生活支援センター  
職業相談・職業紹介
求職登録を行い、具体的な就職活動の方法などの相談や指導を行います。 専門的な支援が必要な方には、地域障害者職業センターを紹介します。
ハローワーク  
職業カウンセリング、職業評価
仕事の種類や働き方などについて、希望や障がい特性、課題を踏まえながら、 相談・助言、職業能力の評価、情報提供等を行います。 必要に応じて、センターにおける専門的な支援を行います
障害者職業センター  

2.準備・訓練

支援メニュー相談窓口備考
障害者職業センターにおける職業準備支援
個別相談、就労支援カリキュラムを通じて、 基本的な労働習慣の習得、作業遂行力の向上、コミュニケーション能力・対人対応力の向上を支援します。 (支援期間:個別に設定します)
障害者職業センター  
公共職業訓練
専門の訓練コースを設定することにより、テクノスクールにおいて公共職業訓練を実施しています。
テクノスクール・ハローワーク 知的・精神障がい等を伴う場合に限る
障がい者の態様に応じた多様な委託訓練
企業、社会福祉法人、NPO法人、民間教育訓練機関等に委託して 就職に必要な知識・技能を習得するための公共職業訓練を実施しています。 (訓練期間:3ヶ月(標準))
テクノスクール・ハローワーク  
職場適応訓練
事業所において実際の業務を行い、その作業環境に適応するための訓練です。
ハローワーク 知的・精神障がい等を伴う場合に限る

3.就職活動、雇用前・定着支援

支援メニュー相談窓口備考
求職登録、職業紹介
就職を希望してハローワークに求職申込みを行うと、求職登録がなされます。 ハローワークでは、求職者の能力等と職務の要件とを十分照合して職業紹介を行います。必要に応じて同行紹介も行います。
ハローワーク  
障害者試行雇用(トライアル雇用)事業
事業主と有期雇用契約を締結し、3ヶ月間の試行雇用を行います。 就職に対する不安を軽減し、事業主と障がいのある方の相互の理解を深め、その後の常用就労を目指します。
ハローワーク  
職場適応援助者(ジョブコーチ)支援事業
事業所にジョブコーチを派遣し、障がいのある方や事業主に対して、雇用の前後を通じて障がい特性を踏まえた直接的、 専門的な援助を実施します。
障害者職業センター・社会福祉法人等  
就業面と生活面の一体的な支援
障害者就業・生活支援センターの窓口での相談や職場訪問等により、就業と生活の両面にわたる一体的な相談・支援を行います。
障害者就業・生活支援センター  
精神障がい者の職場復帰支援(リワーク支援)
主治医等との連携の下、職場復帰に向けたコーディネート、生活リズムの建て直し、リハビリ出勤による復職前のウォーミングアップ、 職場の受入体制の整備等の支援を行います。
障害者職業センター 精神障がいを伴う場合に限る