手帳と就労支援サービス

就労に関する主なメリット

  1. 障がい者雇用の対象となります
  2. ハローワークで障がい者求人を担当する専門部門を通じて、就職活動ができます
  3. 以下のような就労支援サービスを利用できます
サービス内容窓口等手帳
療育精神なし
ハローワーク専門援助部門での相談 障がい者に関する雇用の相談窓口。手帳がなくても主治医の意見書等により利用可能です。 ハローワーク
職業評価・職業相談 障がい者の職業自立に向けて、相談・評価・指導及び職業情報等の提供を行います 障害者職業センター
職業準備支援 基本的な労働習慣の体得や、職業生活に必要な知識と技能を習得するため、個別の支援を行います。 障害者職業センター
職場適応訓練 事業所において実際の業務を行い、その作業環境に適応するための訓練です。(訓練期間:6ヶ月以内(中小企業と重度障がい者は1年以内)) ハローワーク ×
トライアル雇用 事業主と有期雇用契約を締結し、3ヶ月間の試行雇用を行います。就職に対する不安を軽減し、 事業主と障がいのある方の相互の理解を深め、その後の常用就労を目指します。 ハローワーク
ジョブコーチ支援 事業所にジョブコーチを派遣し、障がいのある方や事業主に対して、雇用の前後を通じて障がい特性を踏まえた直接的、専門的な援助を実施します。 障害者職業センター