乳幼児検診

1歳6ヶ月健診・3歳児健診

母子保健法に基づき、乳幼児期における子どもの疾病の早期発見及び心身の発育や発達を観察することを目的として健診を行います。

また、育児不安の解消や子育て支援の立場から保健指導を実施します。

心身の発育や発達について診察を行います

身体学的な発育・発達の観察をします

  • 身長、体重、胸囲等の身体計測、心雑音の有無や腹部の触診
  • 尿検査、歯科検査、筋緊張や座位・立位の姿勢、物のつかみ方や反射等

心理学的な発達の観察をします

  • 聴覚や言語、表情、生活面の状況

保健指導を実施します

  • 育児や食生活(離乳食やおやつについて)、発育、発達、保育等について、不安の解消や子育て支援の立場から、 保護者に対して指導やアドバイスを実施します。

利用のヒント

  • 住所地の市町村から、保護者宛に健診の案内があります。
  • 保護者は事前に送られた問診票等の必要な書類に記入し、当日持参します。
  • 健康保険証は必要ありませんが、母子健康手帳が必要です。母子健康手帳には、身長や体重等が記録されます。
  • 原則、費用は無料です。

フロー図(健診の流れ)

通知

(保護者)

市町村から保護者宛に健診案内の通知がありますので、受け取ったら問診票を記入します。(3歳児健診では、家庭において聴力や視力の事前チェックをします。)

yajirushi.gif

健診

(市町村)

診察を行い、子どもの疾病の早期発見や発育発達について健康診査を行います。また、保健指導を行い、育児に関する悩みについてアドバイスを行います。

yajirushi.gif

健診後のフォロー

(市町村)

健診時に気になる子どもやフォローが必要な子どもに対し、必要に応じて医師の紹介や家庭訪問を実施し、保育所などの関係機関と連携をとり、支援を行います。