療育手帳

知的に障害のある人が相談やいろいろなサービス、制度を受けやすくするための手帳です。

  • 交付対象は18歳未満の場合は、こども女性相談センター、18歳以上の場合は、障害者相談支援センターにおいて判定された知的障害児(者)です。
  • 保育、教育、就労などの様々な場面で、支援、配慮が得られやすくなります。
  • 療育手帳の取得により、いろいろなサービス、制度が受けやすくなります。
(例)
種類 内容
税の減免 所得税、住民税、自動車税などが減免されます。
乗物運賃の割引 鉄道運賃、航空運賃などが割引されます。
公営住宅への優先入居 知的障害のある人のいる世帯が県営住宅に入る場合、優先権があります。
また、市町村住宅についても優先入居の制度があるところもあります。

※障害の程度によって受けられるサービス内容が異なります。

利用のヒント

  • 発達障害そのものを対象とした手帳ではありませんが、知的(精神発達)の程度等により、発達障害のある子どもにも交付される場合があります。 まずは、こども女性相談センター(18歳未満)、障害者相談支援センター(18歳以上)にご相談ください。
  • 手帳申込みの窓口は市町村です。

交付までの流れ(18歳未満の場合)

※18歳以上は障害者手帳の取得についてを参照してください

相談

児童に関するあらゆる問題について、専門の職員が相談に応じます。まずはこども女性相談センターにご相談下さい。

yajirushi.gif

申込

手帳交付を希望される方はお住まいの市町村に申請します。

申請用紙も市町村に備えています。

yajirushi.gif

交付

原則として、県から市町村を経由して交付されます。

関連コンテンツ