障害者手帳の取得について

発達障害者(児)の方で、知的障害や精神障害等を伴うと審査判定機関において審査判定された場合、その結果に基づいて障害者手帳 (療育手帳、精神障害者保健福祉手帳等)が交付されます。

療育手帳

  • 知的障害児(者)に対し、一貫した指導、相談や援護を受けやすくするために療育手帳が交付されています。
  • 判定機関(障害者相談支援センター、こども女性相談センター)において、知的障害と判定された方が手帳交付の対象者となります。
手帳取得

精神障害者保健福祉手帳

  • 精神障害者の方に対し、各種の支援策が講じられることを促進し、社会復帰の促進と自立と社会参加の促進を図るために精神障害者保健福祉手帳が交付されています。
  • 精神科の病気(認知症含む)があり、長期にわたり日常生活又は社会生活への制約(生活障害)がある人が対象となります。
  • 年齢による制限や在宅・入院の区別はありませんが、初診から6ヶ月以上たった日から申請できます。
手帳取得