自殺の現状について

自殺の現状

平成28年におけるわが国の自殺者数は21,897人(警察庁統計・確定値)となっており、7年連続で減少しているものの、依然として2万人以上の尊い命が亡くなっています。
また、徳島県における平成28年の自殺者数は141人と全国で3番目に少ない数値となりましたが、自殺死亡率(人口10万人当たりの自殺者数)では低い方から数えて29番目と、本県が掲げる「自殺者ゼロ」の目標には、未だ「道半ば」の状況であることから、危機意識を持って取り組むべき課題です。
自殺未遂者は、自殺者の10倍と言われており、また自殺や自殺未遂によって、周囲の人々も心理的に大きな影響を受けるなど、自殺は深刻な社会問題となっています。
自殺は、健康問題や経済・生活問題、家庭問題など様々な要因が複雑に関係しており、個人の問題として片付けられない社会的要因がその背景にあることから、自殺対策は社会全体で取り組む必要があります。

 

 

◆徳島県・全国の自殺率の推移
 【資料】全国と県の自殺者・率経年一覧(警察庁・人口動態統計)
 
 
◆徳島県の原因・動機別自殺者
順 位原因・動機自殺者数(人)
1 健康問題

54

2 家庭問題 25
3 経済・生活問題 11
4 勤務問題
5 学校問題
6 男女問題
  その他 11
     
【資料】地域における自殺の基礎資料及び徳島県警察本部資料
(3項目まで重複有り)

 

地域における自殺の基礎資料(厚生労働省HPへリンク)

お問い合わせ

保健福祉政策課
政策調整担当
電話:088-621-2179