「丈夫で長持ち藍染めハンカチをつくろう」を開催しました

7月24日は藍染めの日! 

「エコみらいとくしま」では一足早く、7月22日に藍染めハンカチ&ミニタオルを作りました

 

『藍(あい)』

 

徳島で生活をしていれば、みなさん一度は耳にされたことがあると思います。

でも、実際に藍染めをされた方は……意外と少ないのかもしれません。

 

前半、後半と分かれ合計約100名の方が藍染めを楽しまれましたが、

殆どの方が「はじめて」と仰っていました。

 

 

館長.JPG  模様.JPG    

 

「藍の館」の阿部館長が藍についてお話しして   館長の後ろ、ボードに展示しているのが、

くださいました。                      藍染めで出来る「模様」です。

 

沢山の人が参加してくださり、             もちろん、もっともっと、沢山の模様があります。

館長、ちょっと遠いです……              今日は簡単なものを教えていただきました。

 

模様つくり.JPG  s-くくり.jpg

 

どの模様を作ろうかな……               てるてる坊主のように、

みなさん講師の方に作り方を教わっています。  一箇所だけ括ってみました。

 

藍タル.JPG  s-藍の華.jpg

 

「藍の館」から旅をしてきた「藍」です。         これが「藍の華」

                                 藍が発酵する過程で生まれる「泡」です  

 

s-漬け1回目.jpg  s-絞り.jpg  

 

1分漬けます。                        1分漬けたら、よーっく絞ります。

中の微生物が染めを手伝ってくれます。        藍染めは漬けるのと同じくらい、空気に触れ

なので……動かしちゃ駄目です。            させることが大事です。

じーーーっと微生物のお仕事を待ちます。                   

 

s-開け.jpg  s-洗い.jpg    

 

 絞ったら開けて空気に触れさせます。         2回漬けたら水で洗います。

 青というより……緑……?                隣の写真では緑でしたが、水で洗うと……?

 でも心配しないでください             きれいな青が出てきました!                         

 

s-ハンカチ.jpg  ひも.JPG  

 

 同じ括り方でしたが、染めてみると微妙に違う   こちらはかつて、職員が糸を染めて作った、

 模様です。                        「組紐」です。

 青さも違います。

 

 

まさに「青は藍より出でて藍より青し」の言葉通り、タルの中にいた「藍」や染めている途中の色からは想像もできないほどの「青」に仕上がりました

 

そして同じ括り方をしても、その強さや位置によって模様は変わっていきます。

また、同じように染めたつもりでも、漬けている時間の長さや空気に触れさせる時間、そんな微妙な違いで色にも変化が生まれました。

 

今回の体験ではハンカチとミニタオルで行いましたが、「藍の館」ではTシャツなどの染めたいものを持ち込みすることも可能です。

 

藍染めは徳島に古くから伝わる伝統産業であり、藍染めから生まれた工芸品もたくさんあります。

でも、人の可能性に限りはありません。

あなたのアイデアで、新しい藍染め作品、作ってみませんか?  

 

 

 

 

 

「エコみらいとくしま」では様々なイベント随時開催しております。

詳細が決まり次第、チラシ等で広報いたしますので、どうぞ御予約の上、お越しください

 

【お問い合わせ】

 NPO法人 環境首都とくしま創造センター

 電話:088-678-6091

 E-mail:ecomirai@lagoon.ocn.ne.jp

 

 

 

 

エコみらいとくしまでは食品ロス削減のため、賞味期限・消費期限まで間があるけどもう食べないな、

そういう食品を集め、食べ物を必要とする御家庭にお渡しする活動「フードドライブ」を行っております。

 御家庭で眠ってしまいそうな食品等がございましたらどうぞ、捨ててしまう前に「フードドライブ」を思い出してください。

 

 

 

食品ロス削減に向けて、できることから一歩ずつ

 

 

【家庭でできること】

  お買い物前に冷蔵庫の中身をチェック!  足りないものだけ、買いましょう。

  お料理前に家族の予定をチェック! 今日のお夕飯、食べない人はいませんか?

  毎月○日は冷蔵庫のお掃除日! ゼロのつく日は冷蔵庫の掃除日などと日を決めて、在庫を使い切ってしまいましょう。

 

【外食時にできること】

  お腹と相談して、食べきれる量だけ頼みましょう! あれもこれも美味しそうだけど、まずは一品食べてから次を頼みましょう。

  多いかも? そんなときは「ごはん少なめに」とお願いしてみてください。

 

【お店の方にお願いです】

  小盛りメニューやハーフメニューはどうでしょうか? あれもこれも食べたいけど、残すのはちょっと・・・そんな方にも喜んでいただけるかもです。

 

 

お問い合わせ

環境首都課
環境創造担当
電話:088-663-5371
ファクシミリ:088-663-5380