肝疾患に関する専門医療機関

肝疾患専門医療機関について

慢性肝炎をはじめとする肝疾患の治療には、病態を正確に把握し、治療方針を決定する必要があります。

そのためには、肝炎ウイルス検査協力医療機関などの「かかりつけ医」と肝臓専門医などがいる「専門医療機関」との連携が不可欠となります。

そこで、徳島県では「都道府県における肝炎検査後肝疾患診療体制に関するガイドライン」に基づき、本県における肝疾患専門医療機関を選定し、患者及び医療機関の方々にその情報を提供しています。

肝疾患専門医療機関.pdf(49KB)

※肝炎ウイルス陽性者フォローアップ事業における初回精密検査・定期検査の費用助成は、徳島県肝疾患専門医療機関で行われた検査が助成対象となっています。

徳島県肝疾患専門医療機関の登録要件

次のすべての要件を満たす必要があります。

  1. 日本肝臓学会、日本消化器病学会又は日本消化器外科学会の専門医がいること。
  2. インターフェロンなどの抗ウイルス療法を適切に実施できること。
  3. 肝がんの高危険群の同定と早期診断を適切に実施できること。

※条件を満たし、徳島県肝疾患専門医療機関への登録を希望する医療機関は、申請書に必要事項を記入の上、添付書類を添え、健康増進課感染症・疾病対策室へ申請してください。

登録要件や申請手続の詳細は、徳島県肝疾患専門医療機関登録要領をご確認ください。