健康とくしま憲章

「健康とくしま憲章」を制定しました

■制定の趣旨

戦後、公衆衛生の改善や医学の進歩により平均寿命が急速に延伸する一方、疾病全体に占めるがん、虚血性心疾患、脳血管疾患、糖尿病などの生活習慣病の割合は急増しており、本県においては、特に糖尿病死亡率が全国で最も高い状況が続くなど、生活習慣病対策は重要かつ緊急の課題となっています。

県ではこれまで、「みんなでつくろう!健康とくしま県民会議」を推進母体に、県民総ぐるみによる「健康とくしま運動」を推進してきました。

このような状況の中、平成19年度には県の健康増進計画である「健康徳島21」の改定、平成20年4月からは「特定健診・保健指導」が実施されるなど、保健衛生を取り巻く環境は大きな転換期を迎えようとしています。

そこで、このような機会を捉え、県民の健康づくりに対する関心をさらに高めるとともに、県民や行政、事業所等が一体となり、「健康とくしま運動」のより一層の推進を図るため、県民一人ひとりの行動の規範、日常生活における取り組み指針として、また、事業所等による個人の健康づくりを支援するための環境整備指針として、「健康とくしま憲章」を平成20年3月26日に制定しました。

■憲章の構成

憲章は、次の3部により構成されています。

  • 制定の理念を表す「前文」
  • 県民一人ひとりの行動の規範、取組指針としての「私にできる!“健康とくしま”」
  • 事業所等による健康づくりのための環境整備指針としての「あなたのために!“健康とくしま”」

■今後の取り組み

今後、健康づくりに関する各種の会合やイベント等のあらゆる機会を通じて県民の皆様方への憲章の周知に努め、県を挙げての生活習慣病対策をはじめとする「健康づくり」に取り組む機運の醸成を図っていきます。

また、各保健所では、憲章の啓発パネルの貸し出しも行っていますので、ご利用を希望される場合には近くの保健所までお問い合わせください。

憲章チラシ(3MB)
健康とくしま憲章

健康とくしま憲章

健康はすべての人の願いです。
誰もが、心身ともに健康であることを願っています。
ときには命に関わることもある糖尿病などの生活習慣病も、健全な生活習慣を身につけることで予防することができます。
県民の一人ひとりが、健康づくりの主役です。
そして、「みんなでつくろう!」を合言葉に、家庭や地域、職場も応援して、一体となって進めていくことが大切です。
豊かな自然に恵まれ、人情あふれるこの徳島の地で、健やかで心豊かに暮らしていける「健康とくしま」をめざして、ここに、この憲章を制定します。

私にできる!”健康とくしま”

私たちは、日ごろから、自分の体や健康にもっと関心を持ちます。

  • 年に1回は健診を受けましょう。
  • 腹囲、体重はこまめに測りましょう。

私たちは、続けることの大切さを理解し、健康づくりを継続します。

  • 結果は必ず現れます。あきらめないで、じっくり長く続けましょう。
  • 続けるために、健康づくりを楽しみましょう。

私たちは、まずは歩くことから始めて、毎日の生活に運動習慣を取り入れます。

  • 「プラス1000歩」から。無理をしないで、できることから始めましょう。
  • 車を使わず歩いたり、階段を使ったり、自分にあった運動を取り入れましょう。

私たちは、バランスのとれた、健全な食生活を実践します。

  • 朝ごはんを抜かないで、三度の食事をしっかりとりましょう。
  • 塩分や脂肪は控え、野菜(特に徳島産野菜)をたっぷり。食べ過ぎに注意しましょう。

私たちは、喫煙の健康に及ぼす影響について、十分に理解します。

  • たばこは、できればやめましょう。
  • 周りの人に健康被害が及んでいることを理解し、喫煙マナーを守りましょう。

あなたのために!”健康とくしま”

地域や職場などが連携・協働し、健康づくりに取り組むあなたを応援します。

  • いろいろな機会を通じて、正しい健康情報や知識を提供しましょう。
  • 健康イベントを開催したり、気軽に参加できる健康づくりの場を提供しましょう。

ともに考え、行動できる仲間や組織を増やし、健康づくりを続けるあなたを応援します。

  • 一人よりも二人。仲間を増やし、組織を育てましょう。
  • 声をかけ、力を合わせて、健康づくりの輪を広げましょう。

身近なところで運動できる環境づくりを進め、運動するあなたを応援します。

  • 誰もが気軽に、楽しくスポーツに親しむことができる場を提供しましょう。
  • 日々の生活に運動が取り入れられるよう、地域や職場ぐるみで取り組みましょう。

栄養指導や栄養表示を進め、バランスのとれた食生活を実践するあなたを応援します。

  • 食事バランスガイドや食生活指針などを使って、正しい食情報を提供しましょう。
  • 栄養バランスを考えて選べるよう、食品や外食メニューの栄養表示を進めましょう。

たばこをやめたい、受動喫煙を避けたいあなたを応援します。

  • 禁煙したい人がやめられるよう、職場や周りの人は協力しましょう。
  • 吸わない人が喫煙の影響を受けないよう、公共施設等の禁煙を進めましょう。